どんな人が臓器提供者になりますか。

事故や病気によって、病院で最善の救命治療を受けた結果であっても、回復の見込みがなくなることは、誰でもあり得ることです。

死後に臓器を提供する意思も提供しない意思も、その意思を健康保険証や運転免許証等で表示しておくことが大切です。本人の意思が不明な場合でも家族の承諾だけで提供できますが、万が一の時に家族が迷わないように、臓器提供についての意思を家族に伝えておくことが重要です。

なお、死後に実際に臓器の提供できるかは、様々な条件の中で決まります。

例えば、脳死で提供したい場合では、事故や病気で運ばれた病院が、ガイドライン上で定められた臓器提供施設であること、脳死とされうる状態であること、提供したい臓器が健やかであること、感染症やガンでないこと、家族が承諾すること等です。

脳死での提供ができない場合でも心臓が停止した死後の提供が可能な場合もあります。

また、健康な人から提供される生体移植では、移植学会の倫理指針によって移植を受ける方の親族(6等親内の血族と3等親内の姻族)に限られています。

TOP