子どもの臓器は必ず子どもに提供されますか。

移植する患者の選択には、医学的に厳しい基準が定められています。もちろん、お子さんが優先される条件などもあります。

15 歳未満の提供でも年齢が比較的高ければ、すでに大人なみの体格があるため、サイズを合わせる必要がある肺でも、大人が対象となる可能性はあります。

他の臓器についても、お子さんが優先される条件も拡大しており、小児が優先される機会が広がってきておりますが、日本では臓器提供者が少ないため、条件により小児ではない方が選ばれることもあります。

TOP