脳死後と心臓が停止した死後の臓器提供の違いを教えてください。

脳死後と心臓が停止した死後に提供できる臓器は、臓器移植法や施行規則によって定められており、異なります。

・脳死後(提供できる臓器):心臓、肺、肝臓、腎臓、膵臓、小腸、眼球

・心臓が停止した死後(提供できる臓器):腎臓、膵臓、眼球

なお、脳死後と心臓が停止した死後で提供できる臓器に違いがあるのは、血流が止まった状況から移植後に機能を発揮できる能力の違いによります。

脳死とは、全脳の機能が停止して、元には戻らない状態をいいます。

脳死になると、人工呼吸器をつけていても、数日後には心臓が停止します(心停止までに、長期間を要する例も報告されています)。

脳死からの臓器摘出は、人工呼吸器によってまだ心臓が動いている状態のとき病室でご家族にお別れしていただき、手術室へ運ばれ、摘出が行われます。

心停止後の摘出は、心臓が止まって、病室で医師より死亡を告げられてから手術室へ移しての摘出となります。

しかし、腎臓・膵臓の移植の場合、心臓が止まって時間が経過すると各臓器への血流が途絶え、急速に機能が衰えて、移植しても臓器が機能しない場合があります。せっかくご提供いただく腎臓などの機能を確保するため、心停止する前から準備(カテーテル挿入とヘパリン注入)をする必要があります。

TOP