臓器を提供した人の家族と移植を受けた人は、お互いの名前や住所を知ることも直接会うこともできません。
移植を受けた人が健康を取り戻した喜びやドナーへの感謝の思いは、サンクスレターにして渡すことができます。
その絵や手紙は、JOTを通して、個人情報が伝わらないように配慮されて、受け渡しが行われます。
何年も何回も続いている人、往復書簡となっている人たちもいます。

TOP