膵臓(すいぞう)は、消化のサポーター。

膵臓(すいぞう)の仕事

膵臓(すいぞう)には、大きく2つの仕事があります。

1つは、食物を消化するための「膵液(すいえき)」を出すことです。膵液(すいえき)は、腸が吸収しやすいように、食べたものの栄養分を分解することです。

もう1つの仕事は、血液中の糖分(=血糖:けっとう)のバランスをとっている「インスリン」や「グルカゴン」などのホルモンを出すことです。血糖(けっとう)の濃度が低いと(=低血糖:ていけっとう)、フラフラしたり、意識がなくなってしまうことがあります。逆に、血糖(けっとう)の濃度が高い状態(=高血糖:こうけっとう)が続くと、死につながる血管の病気「動脈硬化(どうみゃくこうか)」が進んでしまい、糖尿病(とうにょうびょう)や心臓病(しんぞうびょう)など、さまざまな病気がおこってきます。

図 膵臓(すいぞう)の仕事

膵臓(すいぞう)の病気と治りょう

糖尿病(とうにょうびょう)という言葉を耳にしたことはありませんか?

きちんと治りょうしていないと、心臓(しんぞう)や脳の血管が詰まって死んでしまいます。早く治りょうしないと、目が見えなくなったり、人工透析(じんこうとうせき)が必要になったり、足を切らなければならない状態になる危険がある病気です。

糖尿病(とうにょうびょう)には2つのタイプがあり、インスリンをつくる膵臓(すいぞう)の働きが弱っていたり、インスリンがききにくくなる病気が「2型糖尿病(2がたとうにょうびょう)」です。食べ過ぎや運動不足が原因になっていることが多く、「生活習慣病(せいかつしゅかんびょう)」の1つです。

高血糖の状態が続かないように、食事に気をつけ、運動不足にならないような生活を送りながら、薬で治りょうします。ただ、2型糖尿病(2がたとうにょうびょう)を治す薬はなく、病気が進行させないために血糖(けっとう)を下げる生活を送らなければなりません。

もう1つが、膵臓(すいぞう)でインスリンをつくることができない「1型糖尿病(1がたとうにょうびょう)」です。これは、中学生や高校生のような若い年齢でも起こり、インスリン注射が欠かせません。日本で行われている「膵臓移植(すいぞういしょく)」は、「1型糖尿病(1がたとうにょうびょう)」です。

膵臓移植(すいぞういしょく)が必要な主な病気

1型糖尿病 (1がたとうにょうびょう) 膵臓(すいぞう)のインスリンをつくる細胞(さいぼう)がこわれ、膵臓(すいぞう)でインスリンをつくることができない病気。
2型糖尿病 (2がたとうにょうびょう) 膵臓(すいぞう)でインスリンをつくる膵臓(すいぞう)の働きがよわっていたり、インスリンがききにくくなって、血液の中の糖分をバランスがとれなくなる病気。

みんなのように若い人でも起こる糖尿病(とうにょうびょう)があるんだね。

おさらいクイズ
オリジナル意思表示カードをつくろう!

臓器移植の基礎知識

臓器について

  • 心臓(しんぞう)
  • 肺(はい)
  • 肝臓(かんぞう)
  • 腎臓(じんぞう)
  • 膵臓(すいぞう)
  • 小腸(しょうちょう)

よくあるご質問

体験談

おさらいクイズ
オリジナル意思表示カードをつくろう!
イベント情報はこちら