肝臓(かんぞう)は、からだの化学工場。

肝臓(かんぞう)の仕事

朝、昼、晩。私たちが口にした食べ物は、胃(い)でこなごなにされ、腸(ちょう)をとおる間に栄養分が吸収されます。その栄養分をたくわえたり、うまく使ったりして、元気なからだをつくっていくために500種類もの仕事をしているのが、肝臓(かんぞう)です。

肝臓(かんぞう)は、必要な時にすぐに使えるよう、からだのためになる栄養分をたくわえています。また、同じ栄養分でも、ちがった目的のために使えるように栄養分をバラバラにして、組み合わせをかえたりします。

たとえば、運動会で「さかあがり」や「競走」する時、手や足の筋肉の“強さ”が勝負の決め手になりますが、食べ物の栄養分を“力が出る栄養分”につくりかえて筋肉に送っているのが、肝臓(かんぞう)です。

病気を治りょうするための薬の中には、いろいろな成分(せいぶん)がバラバラの状態で肝臓(かんぞう)に送られ、肝臓(かんぞう)が組み立てなおして強い力を出すものがあります。

その逆で、からだの害になる毒を食べてしまった時には、肝臓(かんぞう)は毒をバラバラに分解して、からだに害のないものにかえてしまいます。

肝臓(かんぞう)は、何でもできる化学工場で、どんなに大変な仕事でも、どんなにつらい仕事でも、文句を言わず、がんばって働いてくれます。

図 肝臓(かんぞう)の仕事

肝臓(かんぞう)の病気と治りょう

肝臓(かんぞう)は、病気になってもがんばり続けるので「もの言わぬ臓器(ぞうき)」とよばれています。「いたい」「つらい」などの症状(しょうじょう)が出た時には、治りょうができないほどの状態になっていることがほとんどです。

よく知られている肝臓(かんぞう)の病気は、ウイルスなどが原因でおこる「肝炎(かんえん)」です。肝炎(かんえん)は、肝臓(かんぞう)が硬くなって、働けなくなってしまう「肝硬変(かんこうへん)」に進みます。硬くなってしまった肝臓(かんぞう)は、やらなければならない数多くの仕事ができなくなり、からだに栄養分がとどかなくなります。

肝炎(かんえん)を治りょうできる薬はありますが、肝硬変(かんこうへん)になってしまうと、治せる薬はありません。肝硬変(かんこうへん)では、「肝臓移植(かんぞういしょく)」だけが「いのち」を救える治りょう法です。

肝臓移植(かんぞういしょく)が必要な主な病気

劇症肝炎(げきしょうかんえん) ウイルスにより肝臓(かんぞう)の働きが急に悪くなり、昏睡(こんすい)、意識不明(いしきふめい)などが起こり、死にいたる病気。
先天性代謝異常症(せんてんせいたいしゃいじょうしょう) 生まれつき、からだの中での栄養分の交換(こうかん)に異常があり、いろいろな栄養分がつくれない病気。
肝硬変(かんこうへん) 肝炎(かんえん)が進み、肝臓(かんぞう)の仕事ができなくなった状態。
原発性硬化性胆管炎(げんぱつせいこうかせいたんかんえん) 肝臓(かんぞう)の内外の胆管(たんかん)に起こる炎症(えんしょう)により、胆管(たんかん)がふさがり、肝硬変(かんこうへん)を引き起こす病気。

肝臓(かんぞう)って、天才かも。同じ栄養分でもその組み合わせ方を目的によって変えられるんだね。

おさらいクイズ
オリジナル意思表示カードをつくろう!

臓器移植の基礎知識

臓器について

  • 心臓(しんぞう)
  • 肺(はい)
  • 肝臓(かんぞう)
  • 腎臓(じんぞう)
  • 膵臓(すいぞう)
  • 小腸(しょうちょう)

よくあるご質問

体験談

おさらいクイズ
オリジナル意思表示カードをつくろう!
イベント情報はこちら