どんな人が、ドナーになるの?

臓器提供について

「死」のことを、みなさんは考えたことはありますか?
昨日まで元気だった家族や友だちが、交通事故で死んでしまうかもしれません。

何かのきっかけで病気が急に悪くなり、それが死につながってしまうこともあります。

もし、交通事故や病気で死んでしまっても、いくつかの臓器(ぞうき)が健康な状態だったら?
その健康な臓器(ぞうき)は、臓器(ぞうき)がこわれてしまったために苦しんでいる人、死とむきあっている人にわけてあげることができます。

どんなに健康な人にも寿命(じゅみょう)があり、いつまでも生き続けることはできません。いつかは、「死」がやってきます。だからこそ、だれもが臓器(ぞうき)を提供(ていきょう)するか、しないか、考えることができるのです。

どんな臓器(ぞうき)が、提供(ていきょう)できるの?

提供可能な臓器

臓器移植(ぞうきいしょく)には、きちんと働いてくれる健康な臓器(ぞうき)が必要です。日本の臓器移植法(ぞうきいしょくほう)という法律(ほうりつ)では、脳全体が働かなくなってしまった脳死(のうし)の人の臓器(ぞうき)と、心臓(しんぞう)が止まった心臓死(しんぞうし)の人の臓器(ぞうき)を提供(ていきょう)できると決めています。

提供(ていきょう)できる臓器(ぞうき)は、心臓(しんぞう)・肺(はい)・肝臓(かんぞう)・腎臓(じんぞう)・膵臓(すいぞう)・小腸(しょうちょう)・眼球(がんきゅう)です。
脳死(のうし)と心臓死(しんぞうし)では、提供(ていきょう)できる臓器(ぞうき)は違います。

自分が脳死(のうし)や心臓(しんぞう)が止まって死んだあとに、臓器(ぞうき)を提供(ていきょう)したいと思う人は、日本臓器移植ネットワークに登録(とうろく)したり、「意思表示カード」などに自分の思いを書いておく必要があります。

日本の臓器移植(ぞうきいしょく)は、他の国より遅れているの?

海外との比較

まだまだ日本では特別な治りょう法と思われがちな臓器移植(ぞうきいしょく)ですが、アメリカやヨーロッパでは普通に行われている治りょう法です。なかでもアメリカでは、1年間に約7,000〜8,000人の臓器(ぞうき)が提供(ていきょう)され、毎年20,000件を超える臓器移植(ぞうきいしょく)が行われています。

でも、日本では臓器移植(ぞうきいしょく)を待っている人が約13,000人もいるのに、 臓器移植(ぞうきいしょく)は1997年から2009年3月までの約12年間でわずかに2,239件*。1年間で実際に移植(いしょく)を受けられる人は約200人しかいません。

移植手術(いしょくしゅじゅつ)の技術は他の国々と差はないのですが、日本では提供してもらえる臓器(ぞうき)が少なく、多くの患者さんたちが臓器移植(ぞうきいしょく)を待ちながら、亡くなっています。


国ごとの臓器移植(ぞうきいしょく)の数(2009年) 
  心臓 心/肺 肝臓 肝/腎 腎臓 膵臓 膵/腎
日本 6 9 1 7 0 182 0 7
アメリカ 1,852 1,391 23 5,124 302 8,812 325 724
ドイツ 357 501 16 1,118 33 2,192 115 -
イギリス 134 145 3 733 15 1,439 48 159
韓国 47 8 1 126 1 267 9 9

図 世界の移植件数 海外との比較

海外に比べて日本ではまだまだ移植(いしょく)で救われるいのちは少ないんだね。

  • 脳死後(のうしご)、心臓(しんぞう)が停止(ていし)した死後(しご)の合計件数
おさらいクイズ
オリジナル意思表示カードをつくろう!

臓器移植の基礎知識

  • 臓器移植とは
  • 臓器提供とは
  • 脳死・心停止とは
  • 臓器提供の意思表示

臓器について

  • 心臓(しんぞう)
  • 肺(はい)
  • 肝臓(かんぞう)
  • 腎臓(じんぞう)
  • 膵臓(すいぞう)
  • 小腸(しょうちょう)

よくあるご質問

体験談

おさらいクイズ
オリジナル意思表示カードをつくろう!
イベント情報はこちら