臓器移植について学びたい

トップページ移植移植について学びたい

 

教材のご案内

絵本リーフレット

いのちの贈り物もらいますか? いのちの贈り物あげますか?
詳細を見る

本人の意思が不明な場合(15歳未満の方を含む)は、家族の判断で臓器提供ができます。
15歳未満の小学生や中学生でも、臓器移植について理解しておくことはたいへん重要です。また、命について考えることと切り離せない移植医療については、小さな頃から折りに触れて、考えるきっかけをつくることも大切です。



小冊子「いのちの贈りもの」

いのちの贈り物 あなたの意思で救える命
詳細を見る

中学生 〜 一般の方を対象とした小冊子です。
学校の授業などにもお使いいただけます。
同等の冊子が厚生労働省から発行されており、平成16年度より毎年、中学3年生を対象に全国の中学校に配布されています。


教育者向けリーフレット
詳細を見る

「いのちの贈りもの」教育者向けリーフレット
臓器移植を題材とした“いのちの教育”のご提案の案内です。
小冊子「いのちの贈りもの」を利用した、生徒と共に命を考える授業を展開するための解説書です。 東京学芸大学の永田 繁雄先生にコラムを寄稿していただいています。



日本の移植事情

日本の移植事情 話そう。大切な人と。
詳細を見る

高校生以上で臓器移植をより詳しく知りたい方を対象とした冊子です。
臓器移植の歴史から現状、さらにネットワーク・臓器移植法成立の過程、脳死判定の詳細までほとんどのことが網羅されています。



臓器移植解説集 Web版/ダウンロード版

学生 〜 一般の方対象に、臓器移植全般について紹介しています。


内容を見る

Web版
項目別に解説されていますので、知りたい所だけを見ることができます。
全体をコンパクトに知りたい方には「日本の移植事情」の閲覧をお勧めします。



解説書を見る
スライドを見る

ダウンロード版
画像(スライド)と解説書のセットです。
臓器移植をテーマに授業を行う場合や、講演を行う場合などにご活用ください。
スライドは順序を入れ替えるなど、必要に応じて再構成できます。また、解説書はそのままテキストとしても活用できます。
卒業論文や研究テーマに臓器移植を定めた学生にもお薦めです。

■データをダウンロード■


講義を受ける


訪問学習


詳細を見る

JOTでは、 臓器移植の勉強会とJOT見学を希望する学生さんを受け入れています。(注:場所は東京芝浦です)
学校の総合学習のテーマとして臓器移植を選んだ生徒さんを中心に、多くの学生さんが訪れています。



出前授業

JOTから派遣
臓器移植コーディネーターを派遣し、実際にあっせん業務に関わる者が講義することもできます。
お問い合わせください。



外部から派遣
トキワ松学園 佐藤 毅先生による出前授業
読売教育ネットワークの出前授業にラインアップされています。
佐藤先生はJOTへの訪問学習を定期的にされているだけでなく、教育セミナーやシンポジウムにも参加されています。
出前授業の詳細確認、お申し込みは読売教育ホームページからお願いします。

本当に伝えたい!!”いのち”の授業 〜臓器移植〜

demaejyugyou.jpg
詳細を見る
(外部サイト)


そのほか教材のご案内


●NHK for School

道徳ドキュメント「いのちの判断」
ドキュメントをとおして学ぶ、小学校5〜6年生及び中学生向けの道徳教育番組です。
・ 15分のドキュメンタリー映像
息子さんの臓器提供を決断したご家族のインタビュー番組がご覧いただけます。
・ 授業展開のための教材
教室や家庭で話し合うきっかけをあたえるためのワークシートや指導案などがダウンロードできます。

道徳ドキュメント ホームページ
※「臓器移植」で検索してください。


なお、この教材を活用した授業の様子や生徒の感想などをお寄せいただければ幸いです。
臓器移植を通じたいのちの教育に役立たせていただきますので、ご協力をお願いいたします。


inochinohandan.jpg
詳細を見る
(外部サイト)



●「もっと生きたい!」臓器移植でよみがえった命

岩崎書店から出版されている児童書。臓器移植を受けた二人の闘病を追った、人のいのちについて考えるノンフィクションです。
巻末には、著者の池田まき子さんによるわかりやすい解説「臓器移植をいっしょに考えてみましょう」も掲載されています。

「もっと生きたい!」臓器移植でよみがえった命
詳細を見る
(外部サイト)


 

TOPへ戻る