臓器移植解説集

トップページ臓器移植解説集脳死とされうる状態での選択肢の提示

 

脳死後の提供と心臓が停止した死後の提供

入院した医療機関で、脳死とされうる状態と判断された場合、主治医が臓器提供について本人の生前の意思やご家族のご希望を聴くことがあります。ご家族の希望があれば、臓器移植ネットワークに連絡が入ります。
[図解]脳死とされうる状態での選択肢の提示
拡大表示

事故や脳障害などで緊急搬送された患者に対し、懸命な救命治療を尽くした結果、患者が脳死とされうる状態にあると判断された場合、主治医は、家族が脳死について理解をしているかどうかを把握し、臓器提供の機会があること、移植コーディネーターの説明を聴くことができることを伝えます。この手続きは、「臓器の移植に関する法律」の運用に関する指針(ガイドライン)の第6「脳死した者の身体から臓器を摘出する場合の脳死判定を行うまでの標準的な手順に関する事項」に定められています。
移植コーディネーターの話を聴くかどうかは、家族の判断に委ねられます。
誰にでもやがて来る最期の時に目を背けず、自分はどうしたいか、家族はどうして欲しいかをよく話し合っておく必要があります。


臓器移植の概要
  • いのちの贈りもの(臓器移植とは)
  • 提供と移植に関する権利
  • 臓器移植の歴史
  • 臓器移植法
日本臓器移植ネットワークの役割と臓器移植の流れ
  • 臓器移植ネットワークの設立
  • 臓器移植ネットワークと関連施設
  • 脳死後の提供と心停止後の提供
  • 脳死とされうる状態での選択肢の提示
  • 臓器提供から移植までの流れ
  • ドナー情報への対応とドナー家族のケア
臓器移植の現状
  • 日本の臓器提供の実績
  • 日本の腎臓移植の実績
  • 日本とアメリカの臓器提供数と移植数
脳死について
  • 脳の動き
  • 脳死と植物状態
  • 脳死判定
移植希望登録から移植後の生活まで
  • 移植希望者の登録
  • レシピエント選択基準
  • 移植費用の保険適用
  • 移植後生存率
  • 移植後の生活
臓器提供の意思表示について
  • 意思の表示欄の記入方法
  • 意思表示方法
臓器提供意思登録

モバイルサイトからも
意思登録できます。

登録はこちらから
まなぼう!臓器移植のこと