脳死と植物状態

脳死と植物状態は、自分で生きる機能が残っているかいないかという、全く違う状態です。日本では、臓器を提供する場合に限り「脳死は人の死」とされています。
[図解]脳死と植物状態
拡大表示

脳死とは、呼吸・循環機能の調節や意識の伝達など、生きていくために必要な働きを司る脳幹を含む、脳全体の機能が失われた状態です。事故や脳卒中などが原因で脳幹が機能しなくなると、回復する可能性はなく二度と元に戻りません。薬剤や人工呼吸器などによってしばらくは心臓を動かし続けることはできますが、やがて(多くは数日以内)心臓も停止してしまいます(心停止までに、長時間を要する例も報告されています)。植物状態は、脳幹の機能が残っていて、自ら呼吸できる場合が多く、回復する可能性もあります。脳死と植物状態は、根本的に全く違うものなのです。
日本で事故や病気で亡くなる方は毎年およそ110万人で、その1%弱の方が脳死になって亡くなると推定されています。

欧米をはじめとする世界のほとんどの国では「脳死は人の死」とされ、大脳、小脳、脳幹のすべての機能が失われた状態を「脳死」としています。イギリスのように、脳幹のみの機能の喪失を「脳死」としている国もあります。


臓器移植の概要
  • いのちの贈りもの(臓器移植とは)
  • 提供と移植に関する権利
  • 臓器移植の歴史
  • 臓器移植法
日本臓器移植ネットワークの役割と臓器移植の流れ
  • 臓器移植ネットワークの設立
  • 臓器移植ネットワークと関連施設
  • 脳死後の提供と心停止後の提供
  • 脳死とされうる状態での選択肢の提示
  • 臓器提供から移植までの流れ
  • ドナー情報への対応とドナー家族のケア
臓器移植の現状
  • 日本の臓器提供の実績
  • 日本の腎臓移植の実績
  • 日本とアメリカの臓器提供数と移植数
脳死について
  • 脳の動き
  • 脳死と植物状態
  • 脳死判定
移植希望登録から移植後の生活まで
  • 移植希望者の登録
  • レシピエント選択基準
  • 移植費用の保険適用
  • 移植後生存率
  • 移植後の生活
臓器提供の意思表示について
  • 意思の表示欄の記入方法
  • 意思表示方法
臓器提供意思登録

モバイルサイトからも
意思登録できます。

登録はこちらから
まなぼう!臓器移植のこと