臓器提供とは?

臓器提供は、脳死後あるいは心臓が停止した死後にできます。
2010年7月17日に改正臓器移植法が全面施行され、生前に書面で臓器を提供する意思を表示している場合に加え、ご本人の臓器提供の意思が不明な場合も、ご家族の承諾があれば臓器提供できるようになりました。これにより、15歳未満の方からの脳死後の臓器提供も可能になります。
自分が最期を迎えたときに、誰かの命を救うことができます。あなたの意思で救える命があります。
自分の意思を尊重するためにも、臓器移植について考え、家族と話し合い、「提供する」「提供しない」どちらかの意思を表示しておくことが大切です。
*提供しない意思については、15歳未満の方の意思表示も有効です。

死後の臓器提供には、
1.脳死後の臓器提供 本人の書面による意思表示+家族の承諾が必要です。
提供できる臓器(脳死)
提供できる臓器(心停止)

提供できる臓器(脳死)
提供できる臓器(心停止)

脳死とは?

書面による意思表示にご協力を! 意思表示の方法はこちらから
 

TOPへ戻る