社団沿革

1995年4月
(社)日本腎臓移植ネットワーク発足
関東甲信越、東海北陸ブロックセンター設置
 
5月
近畿、西日本ブロックセンター設置
 
7月
東北・北海道ブロックセンター設置
 
1996年5月
全国統一意思表示カードデザイン決定
 
6月
腎臓移植希望者のデータ整備完了
 
7月
東北・北海道ブロックセンターが東北と北海道ブロックセンターに分割
 
10月
西日本ブロックセンターが中国四国と九州沖縄ブロックセンターに分割
 
1997年4月
沖縄サブセンター設置
 
10月16日
臓器移植法施行、日本臓器移植ネットワークに改組
心臓・肝臓移植希望者登録開始
 
1998年5月
肺移植希望者登録開始
 
1999年2月
法施行後初の脳死臓器提供
 
3月
膵臓、膵腎同時移植希望者登録開始
 
2000年1月
小腸移植希望者登録開始
 
2002年4月
コーディネート経費の徴収を開始
 
7月
7ブロックセンター、1サブセンターを3支部に統廃合
 
2003年4月
心・肺同時移植希望登録開始
 
2004年3月
新規登録料、更新料、コーディネート経費の医療費控除適用
 
2006年
肝腎同時移植希望者登録開始
 
2007年3月
臓器提供意思登録システム稼動開始
 
2009年
「臓器の移植に関する法律の一部を改正する法律」成立・公布
 
2010年1月17日
改正臓器移植法の一部が施行
親族への優先提供の意思表示が可能に
 
7月17日
改正臓器移植法が全面的に施行
本人の意思が不明でも家族の承諾があれば提供可能に
意思表示カード内容・デザイン変更
 
8月
改正臓器移植法施行後、初の家族承諾のみでの脳死下臓器提供
 
2011年
肝小腸同時移植希望者登録開始
 
4月
初の小児(15歳未満)の脳死下臓器提供
 
5月
改正法に基づいた初の親族への臓器の優先提供
 
2012年6月
初の小児脳死判定基準を適用した6歳未満の脳死下臓器提供
 
2013年4月
公益社団法人へ移行
 
2016年7月
3支部体制を一元化
 

 

TOPへ戻る