人のからだは、日常の生活の中で機能が低下することや、事故や病気によって機能を失うことがあります。

機能の低下を補うものとして、身近にはめがねや入れ歯などがありますが、臓器が一旦その機能を失うと薬剤や機械で代替することはたいへん難しくなります。

臓器移植とは、病気や事故によって臓器(心臓、肺、肝臓、腎臓、膵臓、小腸など)が機能しなくなった人に、他の人の健康な臓器を移植して、機能を回復させる医療です。

高度な医療技術や医薬品が必要なだけではなく、善意による臓器の提供がなければ成り立たない医療です。

なお、ここで解説する「臓器移植」とは、日本臓器移植ネットワーク(以下、JOT: Japan Organ Transplant Network )が行う、<亡くなった人からの臓器の提供による臓器移植>を中心に解説しています。健康な人からの臓器の提供による臓器移植(生体移植)の情報は限定的です。

基本的に、「臓器の移植に関する法律(臓器移植法)」および関連の法令などに則り、かつ広く開示された情報をもとに作成しています。

TOP