意思表示方法

ご本人の意思がわからない場合、臓器を提供するかどうかはご家族で決めることになります。臓器提供に関する自分の意思を表示しておくことが大切です。家族と話し合い、いくつかある意思表示方法のいずれかで自分の意思を表示しておきましょう。
[図解]意思表示の方法
拡大表示

臓器提供に関する意思表示の方法は、主に3種類あります。
@健康保険証などの意思表示欄への記入
2010年7月に改正臓器移植法が施行され、健康保険証や運転免許証の裏には意思表示欄が設置されました。2016年1月に希望者への交付が始まったマイナンバーカードの表面にも意思表示欄があります。身近に意思表示できる取り組みは着実に進んでいますので、自分の健康保険証や運転免許証の裏を確認してみましょう。

A意思表示カードへの記入
都道府市区町村役場窓口、一部の病院などに設置されているカード付リーフレットを入手し、記入・携帯します。社会貢献事業としてカードの設置にご協力いただいている企業や団体もあります。

Bインターネットによる意思登録
インターネットからも臓器提供の意思が表示できます。
臓器提供意思登録 QR


臓器移植の概要
  • いのちの贈りもの(臓器移植とは)
  • 提供と移植に関する権利
  • 臓器移植の歴史
  • 臓器移植法
日本臓器移植ネットワークの役割と臓器移植の流れ
  • 臓器移植ネットワークの設立
  • 臓器移植ネットワークと関連施設
  • 脳死後の提供と心停止後の提供
  • 脳死とされうる状態での選択肢の提示
  • 臓器提供から移植までの流れ
  • ドナー情報への対応とドナー家族のケア
臓器移植の現状
  • 日本の臓器提供の実績
  • 日本の腎臓移植の実績
  • 日本とアメリカの臓器提供数と移植数
脳死について
  • 脳の動き
  • 脳死と植物状態
  • 脳死判定
移植希望登録から移植後の生活まで
  • 移植希望者の登録
  • レシピエント選択基準
  • 移植費用の保険適用
  • 移植後生存率
  • 移植後の生活
臓器提供の意思表示について
  • 意思の表示欄の記入方法
  • 意思表示方法
臓器提供意思登録

モバイルサイトからも
意思登録できます。

登録はこちらから
まなぼう!臓器移植のこと