臓器移植解説集

トップページ臓器移植解説集いのちの贈り物(臓器移植とは)

 

移植後の生活

移植を受けた方々はドナーに感謝し、スポーツを楽しんだり、社会復帰を果たしています。
[写真]移植後の生活
拡大表示

移植を受けることができれば、週に2〜3回、4〜5時間かけて行ってきた透析や余命数ヵ月の闘病生活から解放され、食事や顔色が改善されて、元気に学校に行ったり社会復帰などもできるようになります。
ドナーとそのご家族の尊い決断に感謝の気持ちを忘れず、再び得た健康を大切にして過ごしています。
2年に1回開催される世界移植者スポーツ大会では、世界各国から移植者が集まり、元気になった姿を披露して、ドナーへの感謝の気持ちを表現し移植医療への理解と協力を呼びかけています。


臓器移植の概要
  • いのちの贈りもの(臓器移植とは)
  • 提供と移植に関する権利
  • 臓器移植の歴史
  • 臓器移植法
日本臓器移植ネットワークの役割と臓器移植の流れ
  • 臓器移植ネットワークの設立
  • 臓器移植ネットワークと関連施設
  • 脳死後の提供と心停止後の提供
  • 脳死とされうる状態での選択肢の提示
  • 臓器提供から移植までの流れ
  • ドナー情報への対応とドナー家族のケア
臓器移植の現状
  • 日本の臓器提供の実績
  • 日本の腎臓移植の実績
  • 日本とアメリカの臓器提供数と移植数
脳死について
  • 脳の動き
  • 脳死と植物状態
  • 脳死判定
移植希望登録から移植後の生活まで
  • 移植希望者の登録
  • レシピエント選択基準
  • 移植費用の保険適用
  • 移植後生存率
  • 移植後の生活
臓器提供の意思表示について
  • 意思の表示欄の記入方法
  • 意思表示方法
臓器提供意思登録

モバイルサイトからも
意思登録できます。

登録はこちらから
まなぼう!臓器移植のこと