臓器移植解説集

トップページ臓器移植解説集レシピエント選択基準

 

レシピエント選択基準

臓器ごとに選択基準が定められており、臓器の提供があれば、コンピューターによって最も適合したレシピエント候補者が選ばれます。
[図解]レシピエント選択基準
拡大表示

臓器ごとに医学的要件で移植希望者の順位が決められます。
適合条件(腎臓の場合は前提条件)で血液型、サイズ、抗体反応、虚血許容時間(*)などが定められており、その中で、親族、医学的緊急度や血液型による具体的選択方法、術式、年齢、施設の所在地、待機時間などの優先順位が決められています。
また、全臓器においてドナーが親族優先提供の意思表示をしている場合には、医学的な適合条件等を満たせば親族に優先的に提供されます。
臓器移植ネットワークのコンピューターにドナーの医学的データを入力すると、臓器ごとに優先順位の高い候補者が選ばれます。それぞれ、第一候補者から順に主治医に連絡して、移植可能な状況かどうか、移植を受ける意思があるかどうかの確認を行います。

各臓器は、血流が無い状況で搬送されるため、臓器毎に虚血許容時間の目安が設けられています。

臓器 虚血許容時間※ 搬送許容時間
心臓 4時間 2〜3時間
8時間 6時間
肝臓、小腸 12時間 10時間
膵臓、腎臓 24時間 22時間

※臓器の摘出から移植(血流再開)までに許される時間




臓器移植の概要
  • いのちの贈りもの(臓器移植とは)
  • 提供と移植に関する権利
  • 臓器移植の歴史
  • 臓器移植法
日本臓器移植ネットワークの役割と臓器移植の流れ
  • 臓器移植ネットワークの設立
  • 臓器移植ネットワークと関連施設
  • 脳死後の提供と心停止後の提供
  • 脳死とされうる状態での選択肢の提示
  • 臓器提供から移植までの流れ
  • ドナー情報への対応とドナー家族のケア
臓器移植の現状
  • 日本の臓器提供の実績
  • 日本の腎臓移植の実績
  • 日本とアメリカの臓器提供数と移植数
脳死について
  • 脳の動き
  • 脳死と植物状態
  • 脳死判定
移植希望登録から移植後の生活まで
  • 移植希望者の登録
  • レシピエント選択基準
  • 移植費用の保険適用
  • 移植後生存率
  • 移植後の生活
臓器提供の意思表示について
  • 意思の表示欄の記入方法
  • 意思表示方法
臓器提供意思登録

モバイルサイトからも
意思登録できます。

登録はこちらから
まなぼう!臓器移植のこと