臓器移植解説集

トップページ臓器移植解説集脳死後の提供と心臓が停止した死後の提供

 

脳死後の提供と心停止後の提供

脳死後と心停止後では臓器提供できる施設の条件が違います。
[図解]脳死後の提供と心停止後の提供
拡大表示

脳死を経ない場合は、終末期の診断の後に心臓が停止した死後の提供ができます。心臓が停止した死後の腎臓等の提供は手術室がある病院ならどこでもできます。脳死判定と臓器提供に関する説明をし、家族が心臓が停止した死後に腎臓提供を希望する場合もあります。脳死とされうる状態にあると判断された場合の脳死後の臓器提供は、大学附属病院、日本救急医学会の指導医指定施設、日本脳神経外科学会の基幹施設又は研修施設、救命救急センターとして認定された施設、日本小児総合医療施設協議会の会員施設として認定されたおよそ850病院です。18才未満の小児の提供の場合は、虐待防止委員会等の必要な院内体制が整備されていることが必要です。


臓器移植の概要
  • いのちの贈りもの(臓器移植とは)
  • 提供と移植に関する権利
  • 臓器移植の歴史
  • 臓器移植法
日本臓器移植ネットワークの役割と臓器移植の流れ
  • 臓器移植ネットワークの設立
  • 臓器移植ネットワークと関連施設
  • 脳死後の提供と心停止後の提供
  • 脳死とされうる状態での選択肢の提示
  • 臓器提供から移植までの流れ
  • ドナー情報への対応とドナー家族のケア
臓器移植の現状
  • 日本の臓器提供の実績
  • 日本の腎臓移植の実績
  • 日本とアメリカの臓器提供数と移植数
脳死について
  • 脳の動き
  • 脳死と植物状態
  • 脳死判定
移植希望登録から移植後の生活まで
  • 移植希望者の登録
  • レシピエント選択基準
  • 移植費用の保険適用
  • 移植後生存率
  • 移植後の生活
臓器提供の意思表示について
  • 意思の表示欄の記入方法
  • 意思表示方法
臓器提供意思登録

モバイルサイトからも
意思登録できます。

登録はこちらから
まなぼう!臓器移植のこと