Voice Master

辺見 えみりさん TTRANSPLANT vol.11(1999年9月)掲載
 明るい性格に見られることが多いんですが、結構考え込むほうなんですよ。悩みがある時はどっぷり落ち込んで、とことん考えてみます。中途半端に這い上がってもまた落ち込んじゃいそうなので。友達と話しをしてみると、同じような悩みを抱えていて、その時の団結も立ち直るきっかけになったりします。時間が解決することに頼っちゃうこともありますけどね。

 大病をしたことはないけれど弱いところもあって、若いから大丈夫なんて思ってても調子が悪ければ仕事も辛いですよね。それで、今年に入ってから漢方薬を飲み始めました。私の体調を聞いてもらって私のために処方されたもので、毎日朝夕かかさず飲んでるんです。これが本当によく効いて、ずっと悩んでいた冷え性やむくみが少なくなって、からだがとっても楽になりました。飲むたびにからだがきれいになっていくイメージがあって、元気になるんです。気持ちって大事ですね。
 漢方って長くのみ続けなくちゃいけないんですけれど、この先体調が良くて元気に過ごせることを考えればこの時期の1年なんて短いですよね。将来、自分の子供にもいい体質を伝えてあげたいから、今のうちにちゃんと治しておいてあげたいななんて。自分でできることは自分でしておきたいんです。

 それと、プールとサウナに行ってリラックスすることにはまってます(笑)。頑張って鍛えるんじゃなくて、浮かんだり歩いたりして無理しないのが続くコツ。しんどい時に行くと元気になるんです。その後のビールがまたおいしい!(笑)その一瞬のために頑張ってるようなものかな。
 臓器移植については、テレビなどで見て知っていました。偶然、1ヶ月ほど前にコンビニで意思表示カードをみつけて、持って帰ったんです。自分は人の役に立ちたいと思うんだけど、親に話したら複雑な反応でした。自分の子が人のためになることをするのは嬉しいけれど、自分のものとしてきれいなまま置いておきたいっていう微妙な感じ。自分はいいかなっていう意志はあるけれど、家族ぐるみの話ですよね。だから、カードは持ってるけど、まだ記入していません。もう少し考えたり話し合ったりしてからにしようと思ってます。見本なんかないんだから、提供することがいいとかしないから悪いの問題じゃなくて、自分達で決めることが大事ですよね。
悩むんだなー。これが。
辺見 えみり(へんみ えみり)
1976年東京生まれ。
'93年ドラマ「いちご白書」でデビューし、明るく健康的なキャラクターが一躍注目を集める。
'99年4月からBAY−FM「テイスティークルージング」(土12:00〜12:57)に出演。
1999年9月現在
 

TOPへ戻る