コミュニティ

トップページイベント情報

 

イベント情報

関東甲信越ブロック

全国地図に戻る

県民公開講座2016





日時

平成28年6月18日(土)14:00~16:00


場所

公益財団法人 茨城県開発公社 会議室4階 4-H
(〒310-0852 茨城県水戸市笠原町978-25 茨城県開発公社ビル)

内容


<第一部>
14:00~15:00
・「ヒーロー」 企画・作成:日本移植学会
アニメで知る移植医療 上映

・命をつなげる移植医療
国立病院機構水戸医療センター
臓器移植外科 湯沢 賢治 先生

・腎臓という“いのちの贈り物”を受けとった方からのお話し

・さぁ、みんなで考えよう!!
臓器提供と移植に関するクイズコーナー


<第二部>
15:10~16:00
・院内コーディネーター委嘱状交付式

・院内コーディネーターって何?!
~こんな活動しています~

・吹奏楽団による演奏♪


【参加条件】
参加費無料・事前申込不要
※事前申込は不要
ご来場の皆様にオリジナルミニうちわプレゼント!


【主催】
茨城県臓器移植推進会議

【後援】
(公社)日本臓器移植ネットワーク


【お問合せ先】 ◎国立病院機構水戸医療センター 移植医療研究室
〒311-3193
茨城県東茨城郡茨城町桜の郷280
TEL:029-240-7000(76702)

◎公益財団法人茨城県アイバンク
〒310-0845
茨城県水戸市吉沢町223
TEL:029-306-9390



第43回日本臓器保存生物医学会 レシピエント移植コーディネーター 教育セミナー

日時

平成28年11月27日(日)14:00~16:00


場所

東京薬科大学(〒192-0392 八王子市堀之内1432-1)

内容

〈司会〉
竹内 裕紀
東京薬科大学 薬学部 医療実務薬学教室

杉山 健太郎
東京薬科大学 薬学部 臨床薬理学教室

〈講演1〉
移植後管理におけるTDMの役割について
東京薬科大学 薬学部 医療実務薬学教室
竹内 裕紀 先生

〈講演2〉
移植薬剤師の実際
国立循環器病研究センター薬剤部
松田 紗知 先生

〈講演3〉
移植後管理における薬物療法 up-date
国立循環器病研究センター移植医療部
福嶌 教偉 先生

【対 象】
レシピエント移植コーディネーター

【募 集】
40名程度

【学術集会参加費】
5,000円
* RTC教育セミナーとして5点が付与され、受講証を発行します。
* 受講証を発行するセミナーですので、途中の入退室は認めらません。

【申込方法】
受講申込書をご記入のうえ、Fax(042-676-5297)かメール送信(ob43-ml@toyaku.ac.jp)。
申込締切:平成28年11月20日(日)

【お問い合せ先】 事務局:第43回日本臓器保存生物医学会 RTC教育セミナー事務局
東京薬科大学 薬学部 臨床薬理学教室
〒192-0392 東京都八王子市堀之内1432-1 
TEL:042-676-5111(代表) FAX: 042-676-5297
事務局長:杉山 健太郎
E-mail: ob43-ml@toyaku.ac.jp
学会HP http://www.ps.toyaku.ac.jp/ob43

第43回日本臓器保存生物医学会院内コーディネーター研修会

日時

平成28年11月26日(土)9:00~17:30


場所

東京薬科大学(〒192-0392 八王子市堀之内1432-1)

内容

〈司 会〉
福嶌 教偉(国立循環器病研究センター)、
櫻井 悦夫(東京医科大学八王子医療センター)

〔スケジュール〕
■9:00~
開講の挨拶
   福嶌 教偉
■9:05~
我が国の臓器移植・提供の現状と課題
移植ネットワークシステム・法律など
   福嶌 教偉
  (国立循環器病研究センター移植医療部)
■10:00~
ドナーコーディネーター(院内ドナーコーディネーター)の役割
   佐々木 友子
  (日本臓器移植ネットワーク)
■10:50~
脳死ドナーの評価と管理
   福嶌 教偉
  (国立循環器病研究センター 移植医療部)
■11:30~
家族対応(含家族へのIC)
   櫻井 悦夫
  (東京医大八王子医療センター)
■12:20~(ランチョン)
救急医からみた日本の臓器提供
-臓器提供の経験を振り返り、現在の課題および移植医への提言-
   林 宗博
  (日本赤十字社医療センター 救命救急センター長)
■13:30~
脳死について(病態・DVD法的脳死判定)
   織田 順
  (東京医科大学病院 救命救急センター長)
■14:00~
臓器提供に関する選択肢提示について
   織田 順
  (東京医科大学病院 救命救急センター長)
■14:50~
臓器提供時の院内調整・臓器提供時のシミュレーションの実際(GW)の流れ
   後藤 清美
  (日本臓器移植ネットワーク)
■17:25~
閉講の挨拶
   櫻井 悦夫

【対 象】
院内ドナーコーディネーター他、臓器提供に興味のある医療者の方
【募 集】
60名程度
【学術集会参加費】
5,000円
本セミナー受講者は、学術集会にも参加できます。
講義は、東京薬科大学2202講義室、ランチョンセミナーは3401講義室で開催されます。

【申込方法】
受講申込書をご記入のうえ、Fax(042-676-5297)またはメール送信(ob43-ml@toyaku.ac.jp)。
申込締切:平成28年11月20日(日)

第35回公開講演会「心移植について考えよう2016」



日時

平成28年11月12日(土)総 会 13:30~
講演会 14:00~16:00


場所

コンファレンススクエア エムプラス 1階ホール「サクセス」
(〒100-0005 千代田区丸の内2-5-2 三菱ビル)

内容

今、話題の医療費、医療経済をテーマに、講演を行ないます。また、心移植を受けられた患者さんからも貴重な実体験の講演があります。


【講 師】
●田倉 智之 氏
(大阪大学大学院医学系研究科 招聘)
「わが国におけるこれからの医療費」

●鈴木 健二 氏
(ボランティア・コーディネーター/米国ユタ州ソルトレークシティ在住)
「渡航移植患者を支えて見えてくる日米の医療」

●心移植者からの体験談


【主 催】心移植サポート

【後 援】日本臓器移植ネットワーク、日本移植学会、日本循環器学会、日本心臓移植研究会

【お問い合わせ】
心移植サポート事務局
〒113-0021 東京都文京区本駒込6-23-15
TEL / FAX:03-5976-3300

2016グリーンリボン ランニング フェスティバル







日時

平成28年10月10日(月)8:00~受付開始(エントリー式、8月31日水曜締切)


場所

駒沢オリンピック公園陸上競技場およびジョギングコース
(〒154-0013 東京都世田谷区駒沢公園1-1)

内容

「グリーンリボン」は移植医療普及のシンボルです。
グリーンリボン ランニング フェスティバルは、臓器移植を受けた方をはじめ、障がい者の方や一般ランナーの方が共に走り、喜びを分かち合うイベントです。
競技前には、ドナー(臓器提供者)への感謝の気持ちを込めて風船を飛ばすバルーンセレモニーがありますので、ぜひセレモニーからご参加ください!

今年は元タカラジェンヌの汐美真帆さんがゲストランナーで参加されます!

※42.195kmリレー限定でオリジナル“たすき”を作成できるサービスがあります。

また、当日は競技に参加された方々にメッセージシールをお渡しいたします。
移植を受けた方、移植を待つ方、ドナーの方、ドナーファミリーの方にメッセージを書き、会場内に設置されたボードに貼りましょう。


【種   目】
1. 10km《高校生以上》
2. 親子ペアラン(約2km)《小学生以上のお子様と保護者の方各1名》
3. 42.195kmリレー《小学生以上、1チーム2~10名編成》
4. ハーフマラソン《高校生以上》*東京都スポーツ文化事業団理事長杯対象種目

※ 各種目、定員・参加費・制限時間が設けられています。
※ 重複エントリーは可能ですが制限があります。

詳しくはオフィシャルホームページのQ&Aのページをご参照ださい。
http://www.tokyo-np.co.jp/event/sp/greenribbonrun/faq.html


【スケジュール】
08:00~ 参加受付
09:00~ バルーンセレモニー
09:20~ 10km競技・表彰式
10:45~ 親子ペアラン競技・表彰式
11:15~ バルーンセレモニー
11:40~ 42.195kmリレー競技・表彰式
11:45~ ハーフマラソン競技・表彰式

※ 参加受付終了時間は種目により異なります。
※ 上位3名(組)を表彰します。

詳しくは開催約10日前にお送りする参加案内をご確認ください。


【エントリー方法】 *8月31日(水)締切*
◆インターネット・携帯サイト
 ランネット https://runnet.jp/parts/2016/123783/entry.html
 スポーツエントリー https://www.sportsentry.ne.jp/event/t/65494
◆電話
 スポーツエントリー 0570-550-846
(平日10:00~17:30/土日祝を除く)
◆FAX
 スポーツエントリー 0120-37-8434

※ 各種目、定員に達し次第、締め切りとなります。
(募集締め切りはオフィシャルホームページ上とエントリーサイト上で発表)
※ 各エントリー方法で、エントリー料は異なります。

詳しくはオフィシャルホームページ、エントリー方法のページをご参照ください。
http://www.tokyo-np.co.jp/event/sp/greenribbonrun/entry.html





【主   催】
NPO法人日本移植者協議会、公益財団法人東京都スポーツ文化事業団、公益財団法人東京陸上競技協会、東京新聞・東京中日スポーツ

【主   管】
公益財団法人東京陸上競技協会

【後   援】
厚生労働省、東京都、世田谷区、公益社団法人日本臓器移植ネットワーク、東京新聞社会事業団

【協   力】
公益財団法人東京都公園協会、公益財団法人笹川スポーツ財団、NPO法人日本スポーツボランティアネットワーク、NPO法人日本スポーツボランティア・アソシエーション、国士舘大学防災・救急救助総合研究所、一般社団法人日本スキンバンクネットワーク、認定NPO法人全国骨髄バンク推進連絡協議会

【協   賛】
アステラス製薬、三菱商事、大塚商会、
TATA CONSULTANCY SERVICES

【お問い合せ】
◆グリーンリボン ランニング フェスティバル 事務局
電話:03-6910-2509(10:00~18:00/土日祝を除く)
〒100-8505 東京都千代田区内幸町2-1-4
東京新聞事業局 企画事業部内
◆オフィシャルホームページ
http://www.tokyo-np.co.jp/event/sp/greenribbonrun/


公開シンポジウム HIV/HCV重複感染患者に対する肝移植の現状とこれから



日時

平成28年10月1日(土)16:00~18:00 〔入場料無料〕〔事前登録不要〕


場所

ステーションコンファレンス東京 6階会議室602CD
(〒100-0005 千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー)

内容

   HIV/HCV重複感染の患者さんに対する肝移植に関する公開シンポジウムです。患者さんや一般市民を含めて、広く情報公開する場です。多くの方々のご来場をお待ちしております。


【プログラム】
■司会
江口  晋
(長崎大学 移植・消化器外科)

白阪 琢磨
(国立大阪医療センター)


■挨拶
野田 博之
(厚生労働省 健康局 結核感染症課 エイズ対策推進室室長)

大平 勝美
(社会福祉法人はばたき福祉事業団 理事長)

秋野 公造
(参議院議員)


■基調講演
HIV/HCV重複感染患者に対する肝移植の現状とこれから
高槻 光寿
(長崎大学 移植・消化器外科)


■シンポジスト
國土 典宏
(東京大学 肝胆膵・人工臓器移植外科)

塚田 訓久
(国立国際医療研究センター エイズ治療・研究開発センター)

遠藤 知之
(北海道大学 血液内科)

後藤 智己
(社会福祉法人はばたき福祉事業団)

高槻 光寿
(長崎大学 移植・消化器外科)


【お問い合せ】
〒852-8501 長崎県長崎市坂本1-7-1
長崎大学大学院 移植・消化器外科
高槻 光寿
TEL:095-819-7316 / FAX:095-819-7319
takapon@nagasaki-u.ac.jp

厚生労働省では、7月27日、28日に「平成28年度子ども見学デー」を開催します!

日時

平成28年7月27日(水)平成28年7月27日(水)、28日(木) 10:00~16:00


場所

厚生労働省
(東京都千代田区霞が関1-2-2中央合同庁舎第5号館)

内容


「子ども見学デー」は、文部科学省をはじめとした各府省庁が連携し、
子どもたちに業務説明や省内見学などを行えるイベントです。
親子のふれあいを深め、子どもたちが夏休みに広く社会を知る体験活動の機会とするとともに、
各府省などの業務に対する理解を深めてもらうことを目的として毎年実施しています。

JOTのプログラムでは体験しながら臓器移植について学べるものを予定しております。
当日はグリーンリボンのキャラクターであるハーティも遊びにきますので、
ぜひご参加ください。事前のお申し込みは不要です。

【公式ページ】
厚生労働省「厚生労働省では、7月27日、28日「平成28年度子ども見学デー」を開催します!」
http://www.mhlw.go.jp/houdou_kouhou/kouhou_shuppan/kids/h28_info.html

【プログラム】
下記のページよりご確認ください。
平成28年度「子ども見学デー」 厚生労働省プログラム一覧表
※プログラムによって参加方法が異なります。


【日本臓器移植ネットワーク】
“いのちのおくりもの”臓器移植(ぞうきいしょく)をもっと知ろう
http://www.mhlw.go.jp/houdou_kouhou/kouhou_shuppan/kids/dl/h28_jiyusanka07.pdf


第3回想いをつなぐアート展

日時

平成28年3月25日(金)3月25日(金)~30日(水)AM10時~PM7時
※25日 PM5~PM7時、30日 AM10時~PM2時


場所

吉祥寺永谷ギャラリー、ギャラリー2
(東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-1 吉祥寺永谷シティプラザ1F)

内容

LBJ(Life Bridge Japan)いのちへの思いやりを広げるハートフルプロジェクト

移植医療に係る人たち(移植者、ドナーファミリーなど)と難病の人たちを応援する一般市民により、いのちの大切さなどの気持ちをアートで表現し、作品を展示、ワークショップなどを行います。 出展者は約50名 入場は無料ですのでぜひお越しください。

市民公開講座  いま、考えよう 大切な人のために ~いのちをるなぐ意思表示~

日時

平成28年10月15日(土)開場13:30、開演14:00 ※参加費無料


場所

県民共済みらいホール
(〒231-8418 横浜市中区桜木町1-1-8-2 県民共済プラザビル1階)

内容

市民向けの公開講座を開催します。


〔総合司会〕
藤田 優一
FMヨコハマ
Lovely Day♡ リポーター

〔第1部〕14:10~
「臓器提供と移植医療を考える」
聖マリアンナ医科大学
教授 力石 辰也 先生

〔第2部〕15:00~
「生体肝移植を経験して」
元衆議院議長 河野 洋平 先生


【主 催】臓器提供・移植を考える神奈川の会

【共 催】神奈川県


【お問い合せ先】
聖マリアンナ医科大学病院
TEL 044-977-8111(代)
腎泌尿器外科(内線3248)
移植医療支援室(内線3840)

GREEN LIGHT-UP Project in 神奈川

日時

平成28年10月1日(土)~2016年10月28日(※ 場所により期間は異なります)


場所

横浜市開港記念会館、よこはまコスモワールド 大観覧車「コスモクロック21」、大船観音、横浜マリンタワー、ホテルナビオス横浜、川崎マリエン

内容

10月の臓器移植推進月間にあわせ、神奈川県内各地のランドマークが緑色にライトアップされます。

10/1~10/19横浜市開港記念会館
(横浜市中区本町1-6)
10/14~10/16よこはまコスモワールド 大観覧車「コスモクロック21」
横浜市中区新港2-8-1
大船観音
鎌倉市岡本1-5-3
横浜マリンタワー
横浜市中区山下町15
10/15ホテルナビオス横浜
横浜市中区新港2-1-1
10/16川崎マリエン
(川崎市川崎区東扇島38−1)
10/22~10/28横浜市開港記念会館


【お問い合せ】
かながわ健康財団 腎・アイバンク推進本部
TEL:045-242-3961

山梨県臓器移植推進財団 設立30周年記念 講演・コンサート

日時

平成28年11月23日(水)13:30(開場13:00)【入場無料】【申込不要】


場所

山梨県立文学館 講堂
(〒400-0065 甲府市貢川1-5-35)

内容

   当財団は、おかげさまで今年設立30周年を迎えます。
   県民の皆様が移植医療に見識を深め、全県的な移植医療推進の体制づくりが実現できるよう、財団設立30周年記念大会を 開催させていただくこととなりました。

〔記念講演〕
臓器移植医療が問いかけること
~医療人類学の視点から~
●講師:大阪大学COデザインセンター
    特任准教授 山崎吾郎 先生

〔移植体験発表〕
腎臓移植体験者・心臓移植体験者

〔オカリナ演奏〕
やまなし大使
●奏者:大沢 聡 様


【後    援】山梨県・山梨県市長会・山梨県町村会・(公社)日本臓器移植ネットワーク・山梨県医師会・山梨県立病院機構・山梨県腎臓病協議会・(一社)山梨県民間病院協会・(公社)山梨県看護協会・(一社)山梨県薬剤師会・山梨県透析医会・山梨透析研究会・(公財)山梨県アイバンク・ライオンズクラブ国際協会330-B地区・ライオンズクラブオール山梨・山梨日日新聞社・山梨放送・テレビ山梨・(株)山梨新報社・(株)エフエム富士

【お問い合わせ / 主催】
大会事務局:
(公財)山梨県臓器移植推進財団
〒409-3898 山梨県中央市下河東1110
山梨大学医学部付属病院 西病棟5階
●TEL:055-273-1082 / FAX:055-288-0275

プロバスケットボールチーム 信州ブレイブウォリアーズ ホームゲームでの普及啓発活動(普及啓発グッズ等の配布)



日時

平成28年2月7日(日)


場所

安曇野市穂高総合体育館

内容

プロバスケットボールチーム 信州ブレイブウォリアーズのホームゲームで長野県観光PRキャラクター「アルクマ」と日本臓器移植ネットワークのマスコット「ハーティ」をデザインした長野県限定の2枚入り絆創膏を入場者に配布します。


 

TOPへ戻る