コミュニティ

トップページイベント情報

 

イベント情報

関東甲信越ブロック

全国地図に戻る

臓器移植県民公開講座2015



日時

平成27年9月12日(土)14:00~16:00


場所

ホテルレイクビュー水戸
飛天
(〒310-0015 茨城県水戸市宮町1丁目6-1)

内容

【プログラム】
※参加費無料   事前申込不要
※定員100名

14:00~14:05
開会の辞

14:05~14:35
落語から学ぶコミュニケーション
~家族と話し合う大切さ~

14:35~14:55
「臓器提供患者様を看取って」
筑波大学附属病院水戸地域医療教育センター
総合病院水戸協同病院 脳神経外科
益子 良太先生

14:55~15:15
「ヒ・カ・リ」上映
主演 : 滝沢秀明  中山優馬他
公財)日本アイバンク協会    創立50周年記念作成DVD

15:15~15:30
腎移植を受けられた方からのお話

15:30~15:35
休憩

15:35~15:55
水戸市民吹奏楽団による演奏

15:55~16:00
閉会の辞


【主催】
第24回日本組織適合性学会大会

【共催】
国立病院機構水戸医療センター移植医療研究室
茨城県・公益財団法人茨城県アイバンク

<<問い合わせ先>>
◎国立病院機構水戸医療センター移植医療研究室
〒311-3193
茨城県東茨城町桜の郷280
TEL : 029-240-7000(2308)

◎公益財団法人茨城県アイバンク
〒310-0845
茨城県水戸市吉沢町223
TEL : 029-306-9390

第11回臓器移植・市民公開講座「ハートtoハート」~助かる"いのち"を助けられる国に~





日時

平成27年10月11日(日)14:00~17:00


場所

ベイシア文化ホール(群馬県民会館)「小ホール」
群馬県前橋市日吉町1-10-1

内容

【プログラム】

【申し込み方法】 *9/12(土)必着*
次のいずれかの方法で、必要事項(①郵便番号②住所③氏名) をご記入の上、お申し込みください。
お申し込みをもって、受付完了とさせていただきます。

◆ハガキ
〒377-0061
群馬県渋川市北橘町下箱田740 北関東循環器病院内
ハートtoハート・ジャパン 群馬事務局「第11回ハートtoハート」係

◆ファクス
03-5690-1106
※必ず「第11回ハートtoハート」係とご記入ください。

◆メール
HTHJapan@gmail.com
※件名:「第11回ハートtoハート」受講申込

*必要事項*
①郵便番号
②住所
③氏名(家族で複数希望の場合は、全員の氏名)
④電話番号

【主   催】
NPO法人 ハートtoハート・ジャパン

【共   催】
医療法人北関東東循環器病院
国際移植者組織トリオ・ジャパン
北海道移植医療推進協議会

【後   援】
群馬県、群馬県教育委員会、前橋市、渋川市、
公益社団法人日本臓器移植ネットワーク、ハートヴィッヒ・ガウダーパワーウォーキング協会、
NHK前橋放送局、群馬テレビ、日本経済新聞前橋支局、
読売新聞前橋支局、朝日新聞前橋総局、上毛新聞社

第28回「腎臓病を考える会」

日時

平成27年10月25日(日)13:00~16:00 ※参加無料


場所

京葉銀行文化プラザ(千葉市中央区富士見1-3-2)

内容

 腎臓病の克服は、病気や治療法及び患者のQOL向上の研究とともに、早期発見・早期治療から透析・移植までの総合的医療体制の整備により可能だと私達は考えます。
 私達は、毎年、腎臓病に関する講演会等を開催し、広く県民の皆様に腎臓病の怖さと移植医療の重要性を知って頂き、腎臓病を克服する第一歩としたいと考えております。

内容:
医師の講演・医療相談会(質疑応答)

【主 催】千葉県、特定非営利活動法人千葉県腎臓病協議会
【後援(予定)】千葉市、千葉県教育委員会、千葉市教育委員会、公益財団法人千葉へルス財団、千葉県市長会、千葉県町村会、千葉県医師会、千葉県透析医会、千葉県看護協会、千葉市医師会、千葉県社会福祉協議会、千葉市社会福祉協議会、ライオンズクラブ国際協会333−C地区、日本放送協会千葉放送局、千葉日報社、朝日新聞千葉支局、読売新聞千葉支局、毎日新闘千葉支局、産経新聞千葉総局、一般社団法人全国腎臓病協議会、千葉県難病団体連絡協議会、千葉「腎炎・ネフローゼ児」を守る会、千葉市腎臓病患者友の会、公益社団法人日本臓器移植ネットワーク(順不同)

【問い合せ先】
〒260-0041
千葉市中央区東千葉2-6-1-407
特定非営利活動法人千葉県腎臓病協議会
TEL:043-256-4661 FAX043-285-4730

平成27年度臓器移植についての市民公開講座



日時

平成27年10月18日(日)13:30~16:00(13:00開場) ※入場無料(先着100名程度)


場所

千葉市ビジネス支援センター きぼーる13階 会議室 
(千葉市中央区中央4丁目5-1)

内容

 臓器移植は、臓器の機能が低下し、移植でしか治らない人に、臓器を移植し、健康を回復しようとする医療で、臓器提供者はもとより、広く社会の理解と支援があって成り立つ医療です。しかし、移植の機会を待っている患者の数に比べて圧倒的に臓器提供数が少ない状況です。
 今後、より多くの方々に移植医療に対する理解を深めていただき、臓器提供に関する意思表示をしていただくこと等がますます重要となります。
 こうしたことから、移植医療に従事する医療関係者及びその他関係者を講師として公開講座を開催し、広く県民に対して臓器移植の現状を訴えるとともに、臓器移植に対する理解と協力のための普及啓発を行います。

テーマ:「意思表示が想いをつなぐ」~たくさんの想いを知り、あなたも意思表示してみませんか~

【内 容】
座長 (公財)千葉ヘルス財団 臓器移植部会長 竜崇正氏
◆基調講演「肺移植の実際」
千葉大学医学部附属病院呼吸器外科 准教授 吉田成利氏
◆基調講演」肝移植の実際」
千葉大学医学部附属病院肝胆膵外科 講師 大塚将之氏
◆体験談およびパネルディスカッション「臓器移植を推進するために」
座長 (公財)千葉ヘルス財団 臓器移植副部会長 川越一男氏

【主 催】千葉県・公益財団法人千葉ヘルス財団
【共催・後援(予定)】千葉市、(公社)千葉県医師会、独立行政法人国立病院機構千葉東病院、千葉大学医学部附属病院、千葉県透析医会、総合病院国保旭中央病院、特定非営利活動法人千葉県腎臓病協議会、(公財)千葉県アイバンク協会、(公社)日本臓器移植ネットワーク、(公社)千葉県看護協会、特定非営利活動法人脳死移植を推進する会

東京(城南地区)市民フォーラム 知って、学んで、考える 腎臓の病気と治療法 ~透析・腎移植~



日時

平成27年12月12日(土)14:00~16:00 (150名規模)


場所

フクラシア品川クリスタルスクエア 3階 G会場 (港区港南16-41)

内容

<定員> 150名(事前申込制)
※入場無料

14:00~14:05 開会の挨拶
東邦大学医療センター大森病院 腎センター
教授 相川 厚 先生

◆◇第一部 腎臓の病気とその治療法を知ろう!◇◆
14:05~14:25 講演1
「知っておきたい腎臓の病気と気を付けたい生活習慣(仮)」
東邦大学医療センター
講師 大橋 靖 先生

14:25~14:45 講演2
「自分にあった治療のみつけ方」
東邦大学医療センター大森病院
療法選択外来担当看護師 山田 美穂 さん

14:45~15:00 休憩
※質疑受付(回答はパネルディスカッション時)

◆◇第二部 もっと知りたい腎移植◇◆
15:00~15:10 オープニング
「腎移植ってなーに」
相川 厚 先生

15:10~15:30 対談
「私にとっての腎移植」
司 会:相川 厚 先生
生体腎移植患者 オダさん、献腎移植患者 セキグチさん

15:30~16:00 パネルディスカッション
「もっと知りたい腎移植」
司 会:相川 厚 先生
東邦大学医療センター大森病院
教授 酒井 謙 先生
教授 宍戸 清一郎 先生
看護部 レシピエント移植コーディネーター
関 真奈美 さん
腎移植経験者
【お申し込み先】
城南市民フォーラム
https://medipress.jp/events/johnan/1?utm_source=MediPress&utm_medium=events&utm_campaign=johnan

【主 催】ノバルティスファーマ株式会社、株式会社バリュープロモーション
【後 援】公益社団法人 日本臓器移植ネットワーク、日本移植学会、NPO法人 腎臓サポート協会


【問い合せ先】
ノバルティスファーマ株式会社
http://www.novartis.co.jp/index.html

多摩市民フォーラム「腎不全治療と腎移植(仮)」



日時

平成27年11月3日(火)午後14時~ 200名(予定)※参加費無料


場所

八王子芸術文化会館 いちょうホール(小ホール) 
(八王子市本町24-1)

内容

一般市民に腎不全・腎移植の最新情報を知って頂くことを目的とした講座

※当日着席できない方が出ないよう事前申し込み制(事務局)としておりますので、ご留意板打鍵すようお願い申し上げます。

【主 催】
ノバルティスファーマ株式会社
スペシャリティケア事業本部 移植・皮膚・免疫領域事業部

【共 催】
株式会社バリュープロモーション、ノバルティスファーマ株式会社
【後 援】
一般社団法人日本移植学会、医師会(打診中)、
公益社団法人日本臓器移植ネットワーク

平成27年度心移植サポート総会・第34回公開講演会



日時

平成27年10月31日(土)午後1時30分


場所

コンファレンススクエア エムプラスホール「サクセス」(千代田区丸の内2-5-2 三菱ビル)

内容

■講演 
・わが国の心・肺(同時)移植の現状-どんな時に心・肺移植が必要か-講師:佐地 勉氏
・わが国における移植医療を定着させるために 講師:易平 真由美
■心移植者からの体験談


【主 催】心移植サポート
【後 援】日本臓器移植ネットワーク、日本移植学会、日本循環器学会、日本心臓移植研究会


【問い合せ先】

心移植サポート事務局
〒113-0021
東京都文京区本駒込6-23-15
TEL・FAX:03-5976-3300

2015グリーンリボン ランニング フェスティバル



日時

平成27年10月12日(月)8:00~受付開始(エントリー式、8月28日金曜締め切り)


場所

駒沢オリンピック公園陸上競技場およびジョギングコース
(〒154-0013 東京都世田谷区駒沢公園1-1)

内容

「グリーンリボン」は移植医療普及のシンボルです。
今年で10回目の開催を迎えるこのランニングフェスティバルは、臓器移植を 受けた方をはじめ、障がい者の方や一般ランナーの方が共に走ります。
競技前には、ドナー(臓器提供者)への感謝の気持ちを込めて風船を飛ばす
バルーンセレモニーがありますので、ぜひセレモニーからご参加ください!

当日は競技に参加された方々にメッセージシールをお渡しいたします。
移植を受けた方、移植を待つ方、ドナーの方、ドナーファミリーの方にメッセージを書き、会場内に設置されたボードに貼りましょう。


【種   目】
1. 10km《高校生以上》
2. 親子ペアラン(約2km)《小学生以下のお子様と保護者の方各1名》
3. 42.195kmリレー《小学生以上、1チーム2~10名編成》
4. ハーフマラソン《高校生以上》*東京都スポーツ文化事業団理事長杯対象種目

※ 各種目、定員・参加費・制限時間が設けられています。
※ 重複エントリーは可能ですが制限があります。

詳しくはオフィシャルホームページのQ&Aのページをご参照ださい。
http://www.tokyo-np.co.jp/event/sp/greenribbonrun/faq.html


【スケジュール】
08:00~ 参加受付
09:00~ バルーンセレモニー
09:20~ 10km競技・表彰式
10:45~ 親子ベアラン競技・表彰式
11:15~ バルーンセレモニー
11:40~ 42.195kmリレー競技・表彰式
11:45~ ハーフマラソン競技・表彰式

※ 参加受付終了時間は種目により異なります。
※ 上位3名(組)を表彰します。

詳しくは開催約10日前にお送りする参加案内をご確認ください。


【エントリー方法】 *8/28(金)締め切り*
◆インターネット・携帯サイト
 ランネット https://runnet.jp/106454/index.html
 スポーツエントリー http://www.sportsentry.ne.jp/event/t/60526
◆電話
 スポーツエントリー 0570-550-846
(平日10:00~17:30/土日祝を除く)
◆ファクス
 スポーツエントリー 0120-37-8434

※ 各種目、定員に達し次第、締め切りとなります。
(募集締め切りはオフィシャルホームページ上とエントリーサイト上で発表)
※ 各エントリー方法で、エントリー料は違います。

詳しくはオフィシャルホームページ、エントリー方法のページをご参照ください。
http://www.tokyo-np.co.jp/event/sp/greenribbonrun/entry.html





【主   催】
NPO法人日本移植者協議会、公益財団法人東京陸上競技協会、東京新聞・東京中日スポーツ

【主   管】
公益財団法人東京陸上競技協会

【後   援】
厚生労働省、東京都、世田谷区、公益財団法人東京都スポーツ文化事業団、公益社団法人日本臓器移植ネットワーク、東京新聞社会事業団

【協   力】
公益財団法人笹川スポーツ財団、NPO法人日本スポーツボランティアネットワーク、NPO法人日本スポーツボランティア・アソシエーション、国士舘大学防災・救急救助総合研究所、一般社団法人日本スキンバンクネットワーク、NPO法人全国骨髄バンク推進連絡協議会

【協   賛】
アステラス製薬、三菱商事、大塚商会、
TATA CONSULTANCY SERVICES

【お問い合せ】
◆グリーンリボン ランニング フェスティバル 事務局
電話:03-6910-2509(平日10:00~18:00)
〒100-8505 東京都千代田区内幸町2-1-4
東京新聞事業局 企画事業部内
◆オフィシャルホームページ
http://www.tokyo-np.co.jp/event/sp/greenribbonrun/



第18回「ラン・フォー・ビジョン®」Run for Vision®

日時

平成27年10月11日(日)雨天決行


場所

千代田区日比谷公園内・健康広場、ほか

内容

 角膜移植医療は、角膜の提供があってはじめて成り立つ医療です。移植技術は目覚しい発展を遂げていますが、角膜の提供は未だに十分ではありません。一般市民への啓発活動こそが、現状打開への道であると存じます。そこで本年も、アイバンク活動ならびに移植医療への理解と啓発を図ることを目的とし、チャリティマラソン大会を開催いたします。
 一般の方に加え、移植患者、視覚障害者、提供者家族の方々にも御参加いただき、アイバンク活動を身近に感じていただけること、そして参加者全員が完走という目標に向かい、楽しく健康的な生活をお送りいただけることを期待しております。
 なお、本大会の収益金の一部は、共催アイバンクに分配し、それぞれのアイバンク活動に活用させていただきます。

【プログラム】
12:30 〜 13:30 受付
14:30 〜スタート
13:45 〜 14:20 開会式
16:00 〜 16:30 閉会式[予定]
※地震・台風などの影響により開催が中止される場合がありますが、その際は何卒ご了承ください。
※開催有無の確認方法に関するご案内を10月初旬に送付する[参加通知書」に記載いたします。

【会 場】
千代田区日比谷公園内・健康広場を開会式・閉会式場とし、スタート・ゴールを桜田門地点とする皇居周回コース
日比谷公園(健康広場)
最寄り駅:東京メトロ丸ノ内線・千代田線「霞ケ関」、東京メトロ日比谷線・千代田線「日比谷」、都営地下鉄三田線「日比谷」下車 A10. A14出口すぐ

【種 目】
1km(ウォーキング)                -桜田門広場内折り返し
5km(視覚障害者の部・一般の部、男・女)        -皇居周回コース1周
10km(視覚障害者の部・一般の部、男・女)    -皇居周回コース2周
※主催者側では走行タイムの計測は致しませんので、ご了承ください。
(ご自身での計測については、ご本人の管理にてお願いできれば問題ありません。

【募集人数】
先着350名(うち、視覚障害者50名)

【参加資格】
健康な方(性別・年齢制限なし)で、大会の趣旨を十分理解された方

◆視覚障害者の方へ
視覚障害のあるランナーは、単独または伴走を付けて走ることができます。伴走の要・不要については選手ご自身でご判断いただき、事務局手配による伴走をご希望の方は、申込時にご依頼ください。
なお、伴走者のロープは各自持参してください。

◆注意事項
1.本大会の競技はすべて、完走の制限時間を定めません。ただし、競技役員が競技継続につき危険と判断した場合は、選手を競技から除外することがあります。
2.原則的に、事務局より配布したTシャツ(当年の参加賞)を着用し、Tシャツの前後にゼッケンを貼付してご参加ください。
3.5kmコースのゴール地点は桜田門広場の走路右側とします。10kmコース参加者は走路左側を走行して2周目に入ってください。
4.環境省皇居外苑管理事務所の定める通り、周回は反時計回りに、狭い空間では無理な追い越しをせず、追い越す時には右側から行ってください。また、競技役員など交通整理員の指示に従い、思いやりの心を持って行動してください。
5.必ず健康保険証を持参し、競技中に発生した事故については程度に関わらず主催者に届け出てください。連絡のない場合、傷害保険が適用されない場合があります。
6.雨天による中止はありません。
7.やむを得ずコース変更がある場合があります。

◆申込規約
※参加者は下記の申込規約に同意の上、お申込みください。
1.自己都合による申込後の種目変更、キャンセルは致しません。また、過剰入金・重複入金の場合に返金がないことを了承します。
2.地震・風水害・降雪・事件・事故等による開催縮小・中止についてはその都度主催者が判断し、決定します。また、その際、参加料の返金がないことを了承します。
3.私は、心疾患・疾病等なく、健康に留意し、十分なトレーニングをして大会に臨みます。傷病・事故・紛失等に対し、自己の責任において大会に参加します。
4.私は、大会開催中に主催者より競技続行に支障があると判断された場合、主催者の競技中止の指示に直ちに従います。また、その他、主催者の安全管理・大会運営上の指示に従います。
5.大会開催中に傷病が発生した場合、応急手当をうけることに異議ありません。その方法・経過等について主催者の責任を問いません。
6.私は、大会開催中の事故・紛失、傷病等に関し、主催者の責任を免除し、損害賠償等の請求を行いません。
7.大会開催中の事故・傷病への補償は大会側が加入した保険の囲内であることを了承します。


【主 催】東京歯科大学市川総合病院 角膜センター・アイバンク 運営任者 島崎 潤
【共 催】慶應義塾大学病院眼球銀行、 (公財)静岡県アイバンク、(財)北海道アイバンク、(公財)山形県アイバンク、(公財)兵庫アイバンク、(公財)熊本県移植推医療推進財団、読売アイバ ンク、(一社)日本スキンバンクネットワーク、杏林アイバンク、(公財)福井県アイバンク、東京大学医学部附属病院組織バンク[すべて予定]
【後 援】厚 生労働省、日本角膜学会、(一社)日本再生医療学会、(一社)日本抗加齢医学会、(公社)東京都眼科医会、東京麻布ライオンズクラブ、市川パインツリーラ イオンズクラブ、行徳ライオンズクラブ、東京視覚障害者ランニングクラブ、(福)日本点字図書館、(公財)日本テレビ小鳩文化事業団[すべて予定]
【協力】関東学生陸上競技連盟、NPO日本盲人マラソン協会、児童劇団「大きな夢」、(協)日本俳優連合、国士舘大学ウェルネスリサーチセンター[すべて予定]

厚生労働省では、7月29日、30日「平成27年度子ども見学デー」を開催します!

日時

平成27年7月29日(水)平成27年7月29日(水)、30日(木) 10:00~16:00


場所

厚生労働省
(東京都千代田区霞が関1-2-2中央合同庁舎第5号館)

内容


「子ども見学デー」は、文部科学省をはじめとした各府省庁が連携し、
子どもたちに業務説明や省内見学などを行うことにより、親子のふれあいを深め、
子どもたちが夏休みに広く社会を知る体験活動の機会とするとともに、
各府省等の業務に対する理解を深めてもらうことを目的として毎年実施しています。
日本臓器移植ネットワークのプログラムでは体験しながら臓器移植について学べるものを予定しております。当日はグリーンリボンのキャラクターであるハーティも遊びにきますので、
ぜひご参加ください。

【公式ページ】
厚生労働省「厚生労働省では、7月29日、30日「平成27年度子ども見学デー」を開催します!」
http://www.mhlw.go.jp/houdou_kouhou/kouhou_shuppan/kids/h27_info.html

【プログラム】
下記のページよりご確認ください。
平成27年度「子ども見学デー」 厚生労働省プログラム一覧表


【日本臓器移植ネットワーク】
臓器移植(ぞうきいしょく)をもっと知ろう
~いのちのおくりもの~
http://www.mhlw.go.jp/houdou_kouhou/kouhou_shuppan/kids/dl/jiyusanka8.pdf

SOCiAL FUNK! 2015 Spring -Organ Donor-

日時

平成27年4月11日(土)13:00 OPEN/14:00 START/20:00 CLOSE


場所

渋谷 CLUB ASIA
(東京都渋谷区円山町1-8)

内容


医療福祉をテーマに、踊るだけでなく学べる音楽イベント。DJ/LIVE/TALK/ パネル展示などをマッシュアップしてテーマに沿ってアプローチ。Vol.5となる今回のテーマは臓器移植。いつ、何時、当事者になるか、誰にもわからない。その時のために、知っておく必要がある。「提供する」「提供しない」最後に決めるのは、わたしたちの意思を伝えてくれるのは、周りにいてくれる大切な人。臓器提供「Yse」でも「No」でも、どちらの意思もとても大切な尊重されるべき、意思。素敵なアーティストと、美味しいDRINK&FOODを片手に、Good MUSICに揺れながら、ちょっとだけ共に考えてみませんか?

Website:http://ubdobe.jp/event/3111.php


What's 臓器移植?

重い病気や事故などにより臓器の機能が低下し、移植でしか治療できない方と死後に臓器を提供してもいいという方を結ぶ医療で、善意による臓器の提供がなければ成り立たない医療です。日本で臓器の提供を待っている方は、およそ13,000人です。それに対して移植を受けられる方は、年間およそ300人です。


出演者

DE DE MOUSE: http://dedemouse.com/

UQiYO:  http://uqiyo.com/     他多数



<申込み方法>

<Peatixでの予約> http://sf2015spring.peatix.com

<メールでの予約> ticket@ubdobe.jp

件名: SF! 2015spring

本文: ①お名前 ②人数

※上記内容をご記入の上、予約受付メールアドレスに送信してください

※身分証明書を必ずご持参ください。未成年への酒類の販売は致しません。



<主催/企画/制作>

NPO法人 Ubdobe(ウブドベ)

Website: http://ubdobe.jp/

Facebook: http://www.facebook.com/Ubdobe

Twitter: http://twitter.com/Ubdobe_jp



<協力>

公益社団法人 日本臓器移植ネットワーク

Website:  http://www.jotnw.or.jp

第102回移植セミナー【東京都】



日時

平成27年3月14日(土)13:30~16:10(開場 13:00~)


場所

連合会館201会議室
(〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11 東京メトロ 新御茶ノ水駅 B3出口すぐ)

内容

【詳細】

参加は無料ですので、お誘いあわせの上、どなたでもお気軽にご参加ください。


【プログラム】

13:30~

挨拶


NPO法人日本移植者協議会 理事長

山本 登氏



13:35~

第一部


「移植腎機能喪失の原因とその対策!」-レシピエント向け-
 東京女子医科大学病院 腎臓外科
 岩藤 和広先生


14:35 休憩


14:45~

 第二部


「腎移植の基礎知識」-待機者向け-
 東邦大学医学部腎臓学講座

兵頭 洋二先生




15:45~

第三部


質問コーナー


16:00~

閉会挨拶


東京女子医科大 あけぼの会(移植者の会) 会長

小柳 啓一氏


【参加条件】

参加無料、事前申込は不要


【主催】

特定非営利活動法人日本移植者協議会


【共催】

東京女子医科大 あけぼの会(移植者の会)


【後援】

一般社団法人全国腎臓病協議会

特定非営利活動法人東京腎臓病協議会


【協賛】

中外製薬株式会社

ノバルティスファーマ株式会社


【お問い合せ先】

NPO日本移植者協議会

〒530-0054

大阪市北区南森町2-3-20

プロフォートビル505号

TEL:06-6360-1180

FAX:06-6360-1126

E-mai:nichii@guitar.ocn.ne.jp

親子でキャッチボール~いのちについて考えよう~

日時

平成27年11月1日(日)川崎市民祭り


場所

富士通スタジアム川崎(川崎市川崎区富士見2-1-9)

内容

●キャッチボールイベント(プロ野球選手会のスタッフによる指導等)
●展示ブースの設置(フロンターレ管理事務所前)
・移植医療に関するバナーの設置や啓発グッズの配布
・「think transplant」の掲示 など
●配布資料
・リーフレット、think transplant など

【主 催】聖マリアンナ医科大学病院
【共 催】臓器提供・移植を考える神奈川の会
【後 援】神奈川県、川崎市、日本臓器移植ネットワーク
【協 力】(株)川崎フロンターレ、(社)日本プロ野球選手会、NPO日本移植者協議会

【お問い合せ先】
聖マリアンナ医科大学病院
移植医療支援室
TEL:044-977-8111(内線3840)

※申込はメールにて応募ください(先着順)catch@marianna-u.ac.jp




市民公開講座~大切な人のために、今知っておきたい最新医療~が開催されます

日時

平成27年7月25日(土)14:00~16:00


場所

はまぎんホール

内容

平成27年7月25日(土)に市民公開講座~大切な人のために、今知っておきたい最新医療~が開催されます。
詳しくはこちらをご覧ください。
◆市民公開講座~大切な人のために、今知っておきたい最新医療~
http://heart-tp.net/

みんなとともに考える「いのちのリレー」 臓器移植フォーラムin新潟長岡2015

日時

平成27年10月25日(日)


場所

ホテルニューオータニ長岡 NCホール
(〒940-0048 新潟県長岡市台町2-8-35)

内容

 広く市民へ向け、臓器移植により「助かる命がある」ことを知ってもらい、家庭や学校、職場で臓器移植について話し合う機会を作っていく一歩となることを望んでフォーラムを開催します。
 フォーラムでは、臓器移植は心停止後の提供が可能であり、移植後、元気に社会復帰している人も多く、まさに「いのちのリレー」が行われていること、臓器移植が善意の提供により成り立つ医療であることを広くお伝えします。
 また、会場ロビーにて「えてがみコンテスト」の応募全作品を展示します。
 



【参 加】 無料


【内 容】 10時開会 ~ 12時15分閉会
◆開会の挨拶
◆賓客挨拶
(新潟県福祉保険部長、新潟県健康対策課長、長岡市長、長岡市福祉保健部長)
◆えてがみコンテスト表彰式
◆講 演
講師:公益財団法人 新潟県臓器移植推進財団
理事長  高橋 公太 氏
講師:新潟大学院医歯学総合研究科
准教授  齋藤 和英 先生
講師:公益財団法人 新潟県臓器移植推進財団
新潟県臓器移植コーディネーター
秋山 政人 氏
◆閉会の挨拶


【主 催】
一般社団法人 全国腎臓病協議会、新潟県腎臓病患者友の会

えてがみコンテスト いのちのリレーin新潟長岡2015 【新潟県】





日時

平成27年7月17日(金)


場所

2015年7月17日 ~ 2015年9月10日  ※ 作品応募のイベントです

内容

 日々の生活の中で、「思いやり」「優しさ」「ぬくもり」「愛」などで感動したことをテーマに作品を募集しています。「えてがみコンテスト」を通じて、善意による死後の臓器提供「いのちのリレー」について考える機会になることを願って開催しています。


【応募方法】
1.
応募作品はオリジナルの未発表作品に限ります。
既に他のコンテストに入選した作品や応募中の作品で結果が未発表のものは応募不可。

2.
一人何点でも応募できます。

3.
募集チラシのはがき、または官製はがきの作品で郵送に限ります。
私製はがきを使用する場合は、短辺9~10.7cm×長辺14~15.4cmとします。
応募作品は原則返却しません。

4.
応募作品を臓器移植啓発事業に使用させていただく場合があります。


【対象者】
一般市民、患者、家族、医療関係者、福祉関係者、学生など。
〈応募者全員に臓器移植啓発に関するグッズを送付〉
〈応募全作品を臓器移植フォーラムin新潟長岡2015会場ロビーにて展示〉


【作品応募・お問い合せ先】
一般社団法人 全国腎臓病協議会 えてがみコンテスト係
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-20-9 巣鴨ファーストビル3階


【選 考】
9月中旬、新潟県長岡市内にて選考委員会を開催します。
〈新潟県知事賞〉 1名(表彰状と記念品、図書カード)
〈長岡市長賞〉  1名(表彰状と記念品、図書カード)
〈全腎協会長賞〉 1名(表彰状と記念品、図書カード)
〈新潟県腎友会会長賞〉 1名(表彰状と記念品、図書カード)
〈入  選〉 26名


【審査員】
新潟県知事、長岡市長、一般社団法人 全国腎臓病協議会会長、新潟県腎臓病患者友の会会長、一般社団法人 日本絵手紙協会公認講師(予定)


【主 催】
一般社団法人 全国腎臓病協議会、新潟県腎臓病患者友の会
【共 催】
新潟県、長岡市
【後 援】
厚生労働省、公益社団法人 日本臓器移植ネットワーク、新潟県健康づくり財団、新潟県医師会、新潟県透析医会、新潟日報、NHK新潟放送局 ほか

 

TOPへ戻る