コミュニティ

トップページイベント情報

 

イベント情報

関東甲信越ブロック

全国地図に戻る

栃木県の臓器移植医療を考える

日時

平成26年10月18日(土)13:30~17:00


場所

自治医科大学(栃木県下野市薬師寺3311−1)
地域医療情報研究センター
大講堂(自治医科大学内)

入場無料

内容

【プログラム】


第一部 13:30~
栃木県の「移植医療-自治医大の取り組み- 
1.命の学習会 栃木県臓器移植推進協会 五反田真弓
2.肝臓・小腸移植 自治医科大学移植外科 浦橋泰然
3.腎臓移植 自治医科大学腎臓センター外科部門 木村貴明
4.角膜移植 自治医科大学眼科 小幡博人
5.骨髄移植 自治医科大学小児科 森本哲

(敬称路)

 


第二部 15:25~
臓器提供の現状と課題
1.日本における臓器提供の現状 日本臓器移植ネットワーク 芦刈淳太郎
2.脳外科医からみた臓器提供 自治医科大学 小児脳神経外科 五味玲
3.救急医からみた臓器提供 自治医科大学 救命救急センター 米川 力
(敬称路)

16:25~
移植医療Q&A

主催:自治医科大学附属病院 移植・再生医療センター
後援:栃木県、下野市、公益財団法人栃木県臓器移植推進協会、栃木県医師会、
栃木県看護協会、下野新聞社、栃木放送、エフエム栃木、とちぎテレビ(順不同)

第96回移植セミナー【千葉県】

日時

平成26年11月2日(日)13:30-16:30(開場13:00)


場所

千葉市生涯学習センター
〒260-0045 千葉市中央区弁天3丁目7番7号
043-207-5811(代)

内容


日本移植者協議会は全国で活動する移植者で組織された患者団体です。臓器移植の普及啓発に取り組み、その一環として移植医療に携わる第一線の先生方からのご協力、ノバルティスファーマ株式会社、中外製薬株式会社の協賛を得て、移植セミナーを開催しております。また、その内容は大変分かり易く関心のある方ならどなたでもお気軽にご参加いただけます。千葉県ではじめての移植セミナーは千葉東病院移植患者会千葉東クローバーの会との共催で開催いたします。皆様のご参加をお待ちしております。


参加費:無料(どなたでも参加いただけます)


***プログラム***
13:30~13:35

開会挨拶 山本 登氏 NPO日本移植者協議会理事長 
13:35~14:25 

第一部 講演【腎代替療法としての腎移植】
講師 圷 尚武先生 独立行政法人国立病院機構千葉東病院移植・再生医療研究部長
14:25~14:35
休憩
14;35~15:25
第二部 講演【腎移植後の体を守るための内科的知識】
    講師 西村 元伸先生 独立行政法人国立病院機構千葉東病院統括診療部長
15:25~15:45
第三部 移植を経験された患者さんの体験談
演者 腎移植体験者(レシピエント・ドナー) 
15:45~16:00
第四部 質問コーナー
16:00
閉会挨拶 牧野 岩男氏 千葉東病院移植患者会 千葉東クローバーの会会長


主催:特定非営利活動法人日本移植者協議会
共催:千葉東病院移植患者会千葉東クローバーの会 
後援:独立行政法人国立病院機構千葉東病院(予定) 社団法人 全国腎臓病協議会 NPO法人千葉県腎臓病協議会(予定)
協賛:ノバルティスファーマ株式会社 中外製薬株式会社  



第27回「腎臓病を考える会」【千葉県】

日時

平成26年10月26日(日)13:00-16:00


場所

京葉銀行文化プラザ
〒260-0015 千葉市中央区富士見1丁目3-2

内容

腎臓病の克服は、病気や治療法及び患者のQOLの向上の研究とともに、早期発見・早期治療から透析・移植までの総合的医療体制の整備により可能となってきています。

皆様に腎臓病の怖さと移植医療の重要性を知っていただくための講演会を開催します。

参加費無料。どなたでもご参加いただけます。(定員180人)

主催

千葉県・特定非営利活動法人千葉県腎臓病協議会

後援

千葉市、千葉県教育委員会、千葉市教育委員会、公益財団法人千葉ヘルス財団、千葉県市長会、千葉県町村会、千葉県医師会、千葉県透析医会、千葉県看護協会、千葉市医師会、千葉県社会福祉協議会、千葉市社会福祉協議会、ライオンズクラブ国際協会333-C地区、日本放送協会千葉放送局、千葉日報社、朝日新聞千葉支局、読売新聞千葉支局、毎日新聞千葉支局、産経新聞千葉総局、一般社団法人全国腎臓病協議会、千葉県難病団体連絡協議会、千葉「腎炎・ネフローゼ児」を守る会、千葉市腎臓病患者友の会、公益社団法人 日本臓器移植ネットワーク

お問い合せ

特定非営利活動法人千葉県腎臓病協議会

TEL:043-256-4661



平成26年度臓器移植についての市民公開講座【千葉県】

日時

平成26年10月17日(金)13:30-16:30(開場13:00)


場所

プラザ菜の花 3階大会議室
〒260-0854 千葉県千葉市中央区長洲1-8-1

内容

「脳死移植推進の理解を深めるために」

臓器移植は、臓器の機能が低下し、移植でしか治らない人に、臓器を移植し、健康を回復しようとする医療で、臓器提供者はもとより、広く社会の理解と支援があって成り立つ医療です。しかし、移植の機会を待っている患者数に比べ圧倒的に臓器提供数が少ない状況です。

今後、より多くの方々に移植医療に対する理解を深めていただき、臓器提供に関する意思表示をしていただくこと等がますます重要となります。

こうしたことから、広く市民の皆様に臓器移植の現状や臓器移植に対する理解を深めて協力していただくために、移植医療に従事する医療関係者及びその他関係者を講師として公開講座を開催します。


プログラム

●主催者挨拶 千葉県健康福祉部疾病対策課 大谷 俊介課長

●座長 公益財団法人千葉ヘルス財団 臓器移植部会長 竜 崇正氏

●基調講演 特定非営利法人脳死移植を推進する会 川越 一男理事長

●特別講演1 「脳死移植推進の課題について」

厚生労働省健康局疾病対策課移植医療対策推進室 阿萬 哲也室長

●特別講演2 「移植医療の現場から」

藤田保健衛生大学病院移植医療支援室室長

藤田保健衛生大学医学部 臓器移植科 剣持 敬教授

藤田保健衛生大学病院移植医療支援室副室長

愛知県臓器移植コーディネーター西山 幸枝氏

●移植体験談


入場無料。先着180名まで。


主催

千葉県・公益財団法人千葉ヘルス財団

共催・後援

千葉市・(公社)千葉県医師会、独立行政法人国立病院機構千葉東病院、千葉大学医学部附属病院、千葉県透析医会、総合病院国保旭中央病院、特定非営利活動法人千葉県腎臓病協議会、(公財)千葉県アイバンク協会、(公社) 日本臓器移植ネットワーク、特定非営利活動法人脳死移植を推進する会


お問い合わせ先

公益財団法人千葉ヘルス財団

〒260-8667 千葉市中央区市場町1-1健康福祉部疾病対策課内

TEL : 043-223-2663








みんなで作る「グリーンリボンツリー」【東京都】

日時

平成26年11月3日(月)2014年11月3日(月)~12月25日(木)


場所

東京タワー大展望台
〒105-0011 東京都港区芝公園4−2−8
大江戸線 赤羽橋駅 / 赤羽橋口徒歩5分
日比谷線 神谷町駅 / 1 徒歩7分
三田線 御成門駅 / A1 徒歩6分
浅草線 大門駅 / A6 徒歩10分
JR 浜松町駅 / 北口 徒歩15分
東急バス
等々力操車所~白金台・目黒駅~東京タワー~東京駅 
バス停 東京タワー徒歩1分

内容


11月3日(月)〜12月25日(木)の間、東京タワーの大展望台にグリーンリボンで飾り付けたクリスマスツリーを展示します。詳細は、キャンペーンサイト(http://www.green-ribbon.jp/)にてお知らせします。


詳しくは、東京タワーオフィシャルホームページ(http://www.tokyotower.co.jp)をご覧下さい。





家族でいっしょに考える「グリーンハロウィーン」【東京都】



日時

平成26年10月26日(日)11:00-17:00


場所

原宿表参道ハローハロウィーンパンプキンパレード
ハロウィーン広場(表参道ヒルズ B3 スペースオー)
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4−12−10

■地下鉄をご利用の場合
東京メトロ銀座線、千代田線、半蔵門線「表参道駅」A2出口より徒歩2分
東京メトロ千代田線、副都心線「明治神宮前〈原宿〉駅」5出口より徒歩3分

■JRをご利用の場合
JR山手線「原宿駅」表参道口より徒歩7分

内容

今年で32回目を迎える原宿表参道のハロウィーンパレードに、グリーンリボンキャンペーンも参加します。ぜひ、家族でいっしょに参加して移植医療やいのちについて話すきっかけにしてください。

○キャンディーショップ「candy SHOW TIME」とコラボしたグリーンリボンやハーティの絵柄のキャンディーの配布
○「Ribbonesia」によるグリーンリボンを使ったミニワークショップのできるブースも展開します。

詳しくはハローハロウィーンパンプキンパレードウェブサイト(http://www.harajuku-halloween.com)をご覧下さい。



心移植について考えよう2014 平成26年度心移植サポート総会および第33回公開講演会【東京都】

日時

平成26年10月25日(土)総会 13:30~
講演会 14:00~16:30


場所

コンファレンススクエア エムプラスホール「サクセス」
〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-5-2三菱ビル (http://www.marunouchi-hc.jp)

内容


心移植について考えよう2014 平成26年度心移植サポート総会および第33回公開講演会


講師

○平田 康隆氏(東京大学心臓外科講師)

「これからの重症心不全治療:日進月歩する心臓外科領域」

○雁瀬 美佐(公益社団法人 日本臓器移植ネットワーク事業推進部長)

「日本におけるこれからの移植医療のために:市民公開講座からのメッセージ」

○心移植者からの体験談


参加費無料 どなたでもご参加いただけます。


主催 心移植サポート

 

後援 (公社) 日本臓器移植ネットワーク、(一社)日本移植学会、(一社)日本循環器学会、日本心臓移植研究会

 

お問い合せ先 心移植サポート事務局  TEL&FAX:03-5976-3300

         (〒113-0021 東京都文京区本駒込6-23-15) 







第10回臓器移植・市民公開講座「ハートtoハート」~助かるいのちを助けられる国に~【東京都】

日時

平成26年10月19日(日)14:00-17:00


場所

明治記念館 富士の間

〒107-8507 東京都港区元赤坂2-2-23
TEL:03-3403-1171(大代表)




内容

臓器移植や移植医療について市民の皆様に知っていただく為に、市民公開講座を開催します。

講演、座談会やLive等のプログラムとなっておりますので、皆様お誘い合わせの上ご来場ください。


プログラム

総合司会:横井 弘海氏

○14:00 開会の挨拶

小野 清子氏(NPO法人 ハートtoハート・ジャパン 理事長)

南 和友氏(第10回市民公開講座 主催者)

○14:10 第1部 日本の移植医療啓発活動の現状

司会:小柳 俊哉氏・横井 弘海氏

1.雁瀬 美佐(JOT 事業推進部部長)

2.佐藤 毅氏(中学校・高等学校において臓器移植をテーマにした授業実践者)

○14:40 Special Live

テーマ曲「心とハート」秦 光賢氏 &いぶくろ氏

○14:55-15:10 休憩

○15:10 第2部 座談会 移植医療をみんなで考えよう

司会:南 和友氏・横井 弘海氏

宮原 和子氏(移植体験者家族)

森本 隆氏(ドナー家族)

稲葉 伸之氏(ドナーコーディネーター)

窪田 基予子氏(レシピエントコーディネーター)

○16:00 第三部 交流会

サプライズゲスト

音楽の調べ(歌:服部 智史氏 ピアノ:伊藤 未宝氏)

○17:00 閉会の挨拶

南 和友氏


参加費無料。(事前のお申し込みが必要です)

お申し込み方法

下記のいずれかの方法で、必要事項をご記入の上、お申し込みください。お申し込みをもって、受付完了とさせていただきます。

※必要事項※

①郵便番号 ②住所 ③氏名(家族で複数希望の場合には、全員の氏名) ④電話番号

○ハガキの場合

〒377-0061 群馬県渋川市北橘町下箱田 740 北関東循環器病院内

ハートtoハート・ジャパン 群馬事務局「第10回ハートtoハート」係

○FAXの場合

FAX:03-5690-1160 必ず「第10回ハートtoハート」係とご記入ください。

○メールの場合

E-mail:HTHJapan@gmail.com

件名:「第10回ハートtoハート」受講申込

申込み期限2014年9月26日(金)必着


主催

NPO法人 ハートtoハート・ジャパン 

共催

医療法人北関東循環器病院、国際移植者組織トリオ・ジャパン、北海道移植医療推進協議会

後援

公益社団法人 日本臓器移植ネットワーク、NPO法人ライフ ブリッジ ジャパン、ハートヴィッヒ・ガウダーパワーウォーキング協会、日本経済新聞、読売新聞、朝日新聞東京総局、一般社団法人共同通信社









音楽を通じて臓器提供の意思表示について考える「GreenRibbon HEART BEAT LIVE 2014 with MTV」【東京都】

日時

平成26年10月17日(金)18:00開場/19:00開演(予定)
※ご招待は締め切りました。


場所

赤坂BLITZ
〒107-0052 東京都港区赤坂5−3−2
•東京メトロ 千代田線 「赤坂駅」から直結
•東京メトロ 銀座線・丸の内線 「赤坂見附駅」10番出口より徒歩8分
•東京メトロ 銀座線・南北線 「溜池山王駅」7番・10番出口より徒歩7分

内容


グリーンリボンキャンペーンの趣旨に賛同するアーティストが出演し、臓器提供の意思表示というアクションだけでなく、その輪をより多くの人に広めるために、昨年に引き続き、MTV Networks Japan 株式会社と共にライブイベントを開催します。


出演者:つるの剛士、BENI、ハジ→、Rihwa


詳しくはMTV特設ウェブサイト(http://www.mtvjapan.com/green-ribbon/)をご覧下さい。


※ライブイベントの模様はMTVで放送予定です(11月下旬)








東京タワーグリーンライトアップ 【東京都】

日時

平成26年10月16日(木)17:15-22:00
・東京タワーの1階玄関前広場にて、大展望台の無料招待や、移植医療の啓発グッズを配布(15:00〜無料招待券配布終了まで)


場所

東京タワー
〒105-0011 東京都港区芝公園4−2−8
大江戸線 赤羽橋駅 / 赤羽橋口徒歩5分
日比谷線 神谷町駅 / 1 徒歩7分
三田線 御成門駅 / A1 徒歩6分
浅草線 大門駅 / A6 徒歩10分
JR 浜松町駅 / 北口 徒歩15分
東急バス
等々力操車所~白金台・目黒駅~東京タワー~東京駅 
バス停 東京タワー徒歩1分

内容


グリーンリボンデーの10月16日(木)、東京タワーがグリーンにライトアップします。移植医療のシンボルであるグリーンリボンにちなんで、東京タワーをグリーンにライトアップすることで、この取り組みが広く認知され、理解が進むことを期待しています。


・東京タワーがグリーンに点灯(17:15〜22:00まで)
・東京タワーの1階玄関前広場にて、グリーンリボンブースを展開
大展望台の無料招待や、移植医療の啓発グッズを配布(15:00〜無料招待券配布終了まで)

・グリーンリボンキャンペーンの使者「ハーティ」と 東京タワーのキャラクター「ノッポン兄弟」もブースに登場します。


詳しくは、東京タワーオフィシャルホームページ(http://www.tokyotower.co.jp)をご覧下さい。



アイバンク第17回「ドナーファミリーの集い」【東京】

日時

平成26年10月13日(月)9:30(受付)
9:40(開場)
10:00-12:00


場所

イイノホール&イイノカンファレンスセンター
〒100-0011 東京都千代田区内幸2-1-1 
TEL:03-3506-3250

内容

角膜移植医療は、ドナー(提供者)が存在してはじめて行うことのできる医療です。

ドナーご本人の尊い意思に対し、また、愛する方を亡くされた哀しみの中、勇気ある決断をされたご家族に対し、心から感謝することがこの集いの趣旨です。患者さんの喜びの声、医療スタッフの臨床に対する思いを伝えること、そして、ドナーファミリー同士がコミュニケーションを図り、心のつながりを共有できることを期待しています。

また、移植者による作品展や主催、共催バンクの活動に関する展示スペースを設け、移植医療を広く知っていただく機会になるればと考えています。

プログラム(予定)

10:00-黙祷 東京歯科大学市川総合病院 病院長

10:05-ご挨拶 厚生労働省健康局疾病対策課 移植医療対策推進室様

          LC国際協会330-A地区ガバナー 他

10:15-患者様さん~喜びのこえ~朗読

             提供者ご家族~提供を通して~ 日本俳優連合様

             眼科医より

10:40-企画-シンポジウム-ドナーファミリーの心の変化とグリーフケア(仮)

慶應義塾大学精神・神経科学教室 三村 將教授にご登壇いただき、ドナーファミリーとコーディネーターの体験を基に移りゆく時間と共に変化していく心境をグリーフケアの側面もふまえてディスカッションを行います。 

11:40-合唱 児童劇団「大きな夢」

11:50-センター長挨拶


アイバンク第17回ラン・フォー・ビジョン(Run for Vision)【東京都】

日時

平成26年10月13日(月)12:30(受付)
13:45-14:10(開会式)
14:30(スタート)
16:00-16:30(閉会式)予定


場所

千代田区日比谷公園内・健康広場(開会式・閉会式場)
スタート・ゴールをを桜田門時点とする皇居周回コース

内容

角膜移植医療は、角膜の提供があってはじめて成り立つ医療です。移植技術はめざましい発展を遂げていますが、未だに角膜の提供数は十分と言うにはほど遠い状況です。

そこで、本年も一般の方に加え、移植患者、視覚障害者、提供者家族の方々にご参加いただき、角膜提供の重要性、アイバンク活動ならびに移植医療への理解と普及啓発を目的として、チャリティマラソン大会を開催致します。本大会の参加費の一部は、主催・共催アイバンクに分配し、活用させていただきます。


大会種目 1km(ウォーキング)、5km(視覚障害者の部、一般の部)、10km(視覚障害者の部、一般の部)

※主催者側で記録測定は行いません。

募集人数 先着350名(視覚障害者50人)定員に達し次第締め切ります。

参加資格 健康な方で〈性別・年齢制限なし〉で、大会の趣旨を十分理解された方

参加費 一般の部3000円、視覚障害者の部・中学生以下2000円

※地震などの災害によりやむを得ず開催を中止した場合、参加費の返金は致しかねます。

参加賞 Tシャツほか

表彰 

各部門の1位から3位までは入賞者として表彰いたします。(最年少・最年長ランナーの表彰あり)

また、抽選では素敵な商品があたるチャンスあり。


申し込み方法

①インターネット http://runnet.jp/

エントリー締め切り2014年8月17日(土)

②郵便振替 2014年8月3日(土)

(事前申込のみ、当日の受付はありません)

※開催の有無に関する案内は、10月初旬に参加者に送付する「Tシャツ引換証」に記載いたします。


お問い合せ先 

東京歯科大学市川総合病院 角膜センター・アイバンク 「ランフォービジョン事務局 」

〒272-8513 千葉県市川市菅野5-11-13

東京歯科大学市川総合病院 角膜センター・アイバンク 

TEL:047-324-5800(平日9:00~17:00)

FAX:047-324-8590(24時間)


 


2014グリーンリボンランニングフェスティバル【東京】

日時

平成26年10月13日(月)8時40分~17時00分(受付8時~)


場所

駒沢オリンピック公園陸上競技場およびジョギングコース
(〒154-0013 東京都世田谷区駒沢公園1-1)

内容

今年で9回目を迎えるグリーンリボンランニングフェスティバルは、小学生から親子まで幅広い層のランナーが移植者とともに走るイベントで、 今年も参加者を3,800人を先着順にて受付けています! ゲストランナーにモデルの丹羽なほ子氏をお迎えして、毎年恒例のバルーンセレモニーも開催されます。


■応募方法【2014年8月29日(金)締切(先着順)】
①インターネット・携帯サイト
○「RUNNET」のサイト(http://runnet.jp/entry/runtes/user/pc/competitionDetailAction.do?raceId=96620&div=1)でお申込後、参加費をお支払い下さい。
(エントリー利用料 参加費合計4,000円まで:205円、参加費合計4,001円以上:参加費の5.15%(税込))

 ○「スポーツエントリー」のサイト(http://www.sportsentry.ne.jp/event/t/42459)でお申込後、参加費をお支払い下さい。

(エントリー利用料 参加費合計4,000円まで:200円、参加費合計4,001円以上:参加費の5%(税込))

※お一人様が代表者として複数人分エントリーすることは可能ですが、エントリー手数料は参加料の合計金額によって上記の通り変わります。
※エントリー後に参加費をお支払いいただいて応募受付が完了となります。参加費のご入金がない場合は応募キャンセルとみなします。



 ②電話(スポーツエントリー)
0570-550-846(平日10:00~17:30/土日祝を除く)

③FAX(スポーツエントリー)
 0120-37-8434 専用用紙を大会ホームページからダウンロードした上でお申し込みください。

(電話・FAXエントリー利用料 参加費合計4,000円まで:300円、参加費合計4,001円以上:参加費の7%(税込))

詳細は、大会ホームページ(http://www.tokyo-np.co.jp/event/sp/greenribbonrun/index.html)をご確認ください。
 ◎全部門参加賞としてTシャツプレゼント!


●参加募集人数 3,800人  
①10km【高校生以上の男女】
定員:1,000名
第1グループ 500名
第2グループ 500名
参加費(一般:4,000円、高校生:3,000円)
②親子ペアラン(約2km)
定員:2名1組×200組・400名
(小学生以上のお子様と保護者の方各1名)
参加費(1組:2,000円)
③3時間リレーマラソン【小学生以上の男女】
定員:1チーム4~6名編成・400チーム
(親子・友人・企業チームなどの組み合わせ自由)  
参加費(1名につき3,500円)

【スケジュール】※変更になる場合があります。
8:00~     ●参加者受付
(10kmおよびペアラン)
8:40~9:10  ●開催セレモニー①
9:20~10:40  ●10km 第1グループ競技(制限時間1時間20分)
10:45~12:05 ●10km 第2グループ競技(制限時間1時間20分)
           ●10km 第1グループ 表彰式  
12:00~      ●参加者受付
     (3時間リレーマラソン)
12:00~      ●親子ペアラン競技(制限時間30分)
           ■開催セレモニー②  
           ■10km 第2グループ 表彰式
           ■親子ペアラン 表彰式  
13:00~16:00  ●3時間リレーマラソン競技
16:15~16:40 ■3時間リレーマラソン 表彰式
           ■閉会宣言

 ●大会事務局  「グリーンリボンランニングフェスティバル」事務局
〒100-8505 東京都千代田区内幸町2-1-4  東京新聞事業局 企画事業部内
 TEL:03-6910-2509(平日10:00~18:00まで)

 【主催】NPO法人日本移植者協議会、公益財団法人東京陸上競技協会、東京新聞、東京中日スポーツ
■主管 公益財団法人東京陸上競技協会
■後援 厚生労働省、東京都、世田谷区、公益社団法人 日本臓器移植ネットワーク、東京新聞社会事業団
■協賛 アステラス製薬株式会社、三菱商事株式会社、株式会社大塚商会
■協力 公益財団法人笹川スポーツ財団、NPO法人日本スポーツボランティア・アソシエーション、アドミス株式会社、フクダ電子、国士舘大学ウエルネス・リサーチセンター、フィリップス メディカルシステムズ、一般社団法人日本スキンバンクネットワーク、NPO法人全国骨髄バンク推進連絡協議会
 

第50回日本移植学会総会 市民公開講座【東京】

日時

平成26年9月13日(土)13:00~15:00


場所

東京医科大学病院 6階 臨床講堂
〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-7-1
(最寄駅:東京メトロ丸ノ内線 西新宿駅)

内容


「和と輪でつなぐ命のリレー」臓器移植についての理解を深めていただくために、一般市民の皆様を対象とした市民公開講座を開催いたします。皆様お誘いあわせの上、ふるってご参加ください。

プログラム
司会:添田 英津子氏
はじめに 島津 元秀氏
【第1部】
1.脳死移植と生体移植について      岩本 整氏
2.腎移植・膵腎移植について        中村 有紀氏
3.肝移植について               高野 公徳氏
4.質問コーナー

【第2部】
1.ドナーコーディネーターについて     櫻井 悦夫氏
2.レシピエントコーディネーターについて  池田 千絵氏
3.患者様の体験談
4.質問コーナー

おわりに  河地 茂行氏

参加費:無料
※事前申し込みは不要です。直接会場までお越しください。
詳細:http://www2.convention.co.jp/50jst/shimin/index.html

■お問い合わせ先■
第50回日本移植学会総会 準備室
日本コンベンションサービス株式会社 内
〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-4-2
大同生命霞が関ビル18階
TEL: 03-3508-1214 FAX: 03-3508-1302
E-mail:50jst@convention.co.jp





パパからもらった宝もの【東京都】

日時

平成26年9月2日(火)開場14:00
講演14:30~14:50
開演15:00~17:30


場所

新宿区文化センター(大ホール)
〒160-0022 東京都新宿区新宿6-14-1 
JR/京王線/小田急線「新宿」駅東口より徒歩約15分
西武新宿線「西武新宿」駅より徒歩約15分
東京メトロ副都心線・都営大江戸線「東新宿」駅A3出口より徒歩約5分
東京メトロ丸ノ内線・副都心線「新宿三丁目」駅E1出口より徒歩約7分
都営新宿線「新宿三丁目」駅C7出口より徒歩約10分

内容

わかさ生活 アイバンク啓発ミュージカル

パパからもらった宝もの

脚本/獄本 あゆみ  演出/青砥 洋  原作/坪田 一男  出演/劇団 BDP、児童劇団「大きな夢」

 

Story

 舞台はある大学のアイバンク。城田ミカは角膜移植コーディネーター研修中の新人。ある深夜、初めての遺族への対応に呼び出されたミカは誤ってERに迷い込む。そこで垣間見た交通事故の犠牲者とその遺族の悲劇は、彼女の心を揺さぶる。深い悲しみの中で献眼を申し出る遺族、そしてそれを受けて動き出す角膜移植。移植されたドナーの角膜は、二人の少年少女に光をもたらすが、人々の運命は複雑にからみだし、新たな悲しみと喜びのドラマを生む。

 コーディネーター・ミカの成長物語とそれを取り巻く様々な人間ドラマで描く、「命の尊さ」と「見える幸せ」について問いかけるミュージカル。舞台で繰り広げられる感動と共に、坪田一男教授や日本で一番最初に角膜移植の手術を行った、岩手医科大学名誉教授今泉亀徹先生のインタビューなどを通して、角膜移植、アイバンクの歴史、再生・移植医療の未来について描く。また、薬物による副作用からスティーブ・ジョンソン症候群となり視力を失ったバイオリニスト・川畠成道氏の演奏映像なども交え、医療情報の正しい啓発に努めたいと考えている。さらに、移植医療に変わる医療として、注目を集めている再生医療については、京都大学の山中伸弥教授にインタビューにお答えいただいている。

 

チケット価格(税込み) 大人 3,000円 18歳以下 無料

●全席自由席

●3歳以下のお子様はご遠慮ください。
※チケット代金はすべてアイバンクに寄附されます。

 

 

チケットに関するお問い合せ先

株式会社 わかさ生活

フリーダイヤル 0120-132-034

受付時間 9:00~21:00 

http://www.blueberryribbon.jp/

 

 

主催/移植・再生医療を支える会

特別協賛/株式会社 わかさ生活

後援/新宿区、一般社団法人日本再生医療学会、公益社団法人東京都眼科医会、公益社団法人日本臓器移植ネットワーク、慶應義塾大学病院 眼球銀行、東京歯科大学市川総合病院 角膜センターアイバンク、アイバンク愛の光基金管理会

企画・制作/劇団BDP 株式会社メディプロデュース

医事監修/篠崎 尚史、島﨑 潤、満尾 正

作曲/片野 真吾、薮内 智子

振付/中尾 弘隆

音楽監督/片野 真吾

協力/東京麻布ライオンズクラブ

市民公開講座 大切な人のために、今知っておきたい最新医療【東京都】

日時

平成26年6月21日(土)14:00~16:30


場所

東京医科歯科大学M&Dタワー 鈴木章夫記念講堂
〒113-8510 東京都文京区湯島1-5-45

【最寄り駅】JR中央線・総武線 御茶ノ水駅下車御茶ノ水橋口 東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅下車1番出口

内容

~補助人工心臓と心臓移植~

もし、家族や友人が心臓の重い病気だったら、私たちはどうしたらその大切な人を守ることができるのでしょうか。
心臓の病気を理解し、いま私たちが選択しうる最新治療を知り、大切な人のために何ができるか一緒に考えましょう。


ご来場の皆様に、佐藤秀峰氏デザインのオリジナル臓器提供意思表示カードをプレゼントいたします。


第一部

「心臓移植ってなんだろう? 」

対談

磯部 光章氏(東京医科歯科大学)
布田 伸一氏(東京女子医科大学)

心臓移植を体験された患者さん

(ドナー家族からのビデオメッセージの上映)


第二部

「心臓移植を待機するということ」

対談

小野 稔氏(東京大学)

補助人工心臓をつけて心臓移植を待機されている患者さん


第三部

「これからの心臓移植と 今、私たちにできること」

はーとふるミーティング

佐藤 秀峰氏 (漫画『新ブラックジャックによろしく』著者)

補助人工心臓ののち、心臓移植を受けられた患者さんとご家族

田中 真弓氏(声優・アニメ「ONE PIECE」主人公モンキー・D・ルフィ役)


参加費は無料です。


お申込み方法

下記❶~❸のいずれかの方法で2014年6月5日(木)までに申込みください。

❶ FAXの場合:申込用紙に必要事項を記入の上、03-3508-1302 まで用紙を送付ください。

❷ 郵送の場合:申込用紙に必要事項を記入の上、以下の住所に郵送ください。
  心臓移植市民公開講座 実行委員会 事務局
  〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-4-2 大同生命霞が関ビル18F
  日本コンベンションサービス

❸ WEBの場合:市民公開講座ホームページからも参加申込をいただけます。
  詳細は下記URLよりご確認ください。
 心臓移植市民公開講座ホームページ http://www.heart-tp.net


お申込みの方には、6月中旬に聴講券が送付されます。


○主催 

一般社団法人日本循環器学会・日本心不全学会

○共催

一般社団法人日本移植学会・特定非営利活動法人日本胸部外科学会・日本循環器看護学会・特定非営利活動法人日本小児循環器学会・特定非営利活動法人日本心臓血管外科学会・日本心臓病学会・日本心臓移植研究会・厚生労働省難治性疾患政策研究事業特発性心筋症に関する調査研究班

○後援

厚生労働省・公益社団法人日本医師会・公益社団法人日本薬剤師会・公益社団法人東京都医師会・公益財団法人日本心臓財団・公益社団法人 日本臓器移植ネットワーク

○企画制作

心臓移植市民公開講座実行委員会

○事務局

心臓移植市民公開講座実行委員会事務局
〒100-0013
東京都千代田区霞が関1-4-2 大同生命霞が関ビル18F(日本コンベンションサービス内)
TEL.03-3508-1265 FAX.03-3508-1302

E-mail: heart-tx@convention.co.jp































カラーリボン推進運動 グリーンリボン【東京】

日時

平成26年6月1日(日)6月1日から7月31日まで展示
8:30-22:30


場所

文京総合体育館
〒113-0033 東京都文京区本郷7-1-2

内容

今年の4月からカラーリボン推進運動として、毎月、多種多様の撲滅活動または支援活動コーナーが館内に設置されています。

6月~7月は移植医療のシンボルであるグリーンリボンが取り上げられ、区民の方々に、臓器移植・グリーンリボンを深く知って頂けるきっかけになるよう、ポスターやパンフレットを展示等し、啓発支援しています。




第1回想いをつなぐアート展 【東京都】

日時

平成26年3月20日(木)~2014年03月25日 10:00~18:00 ※20日は15:00開場、25日は12:00閉場 【入場無料】


場所

ギャラリーニウ (〒112-0014 文京区関口1-44-8)

内容

 本アート展は移植医療に係わる人たちの感謝と願い、いのちを思いやる心の大切さをアートで表現することで、多くの方々の心に想いを届けつなぎ広げるものです。

 出展参加者は移植者、ドナー、ファミリーから活動支援者から一般の方まで様々です。応募作品も、日本画、油絵、水彩画、書から絵手紙、クラフトなどがあり、会の活動に賛同してくださった皆様にご協力いただいた塗り絵の展示もあります。

 なお、会場では作品の販売、デコ塗り絵ワークコーナーもあります。是非、足をお運びください。

 

【主 催】

特定非営利活動法人 Life Brige Japan

 

【お問い合せ先】

info@lifebrige-j.org

親子でキャッチボール! ~いのちについて考えよう~

日時

平成26年11月24日(月)13:00~16:00


場所

川崎市大師公園野球場(雨天時:大師小学校体育館)

内容

   ベースボールパークでキャッチボールを楽しもう!

      ~ グラブはなくても大丈夫です♪       *参加費無料*

   * 対  象 者* 川崎市近隣の小学生の皆さん

   * 開場受付* 球場前のテント

 

◆開会のあいさつ <簡単なイベントの趣旨説明>

◆◇キャッチボールイベント◇◆

       ~ キャッチボールを楽しく遊びながら

                            野球の面白さを感じましょう!~

    ◇日本プロ野球選手会スタッフによるボールの投げ方

   や取り方指導

 講師:松沼 雅之氏(元西武、コーチ)、森 忠仁氏 (元阪神)、田野倉 利男氏(元中日・ロッテ、コーチ)

    ◇キャッチボールクラシックトーナメント

 (1チーム15人でキャッチボールタイムを競うミニゲーム)

    *上位入賞者に移植医療に関する景品贈呈♪

 ◆主催者からのお話

     ◇移植医療に関する内容、クイズの解答

     *参加賞とバルーンの配布

◆閉会のあいさつ < バルーンセレモニー>

  

  ★展示ブース設置★

    ・移植を受けた子供達の作品展示

    ・臓器を提供した家族や移植経験者の手記の掲示

    ・移植医療に関する啓発グッズの配布

    ・子供向けの移植についてのクイズラリー

    ・プロ野球選手会からサイン入りユニホームの展示と

         ビデオメッセージ等々

 

   オリジナルマスコットのハーティもお待ちしております♪

 

【主催】聖マリアンナ医科大学病院 移植医療支援室

【共催】NPO日本移植者協議会

【後援】神奈川県.川崎市.日本臓器移植ネットワーク

【協力】日本プロ野球選手会

 

【お問合せ】聖マリアンナ医科大学病院 移植医療支援室

        ℡044-977-8111 (内線3840)

 

 

 

 

市民公開講座2014 糖尿病と腎臓病【神奈川県】

日時

平成26年10月18日(土)開場11:00
開演12:30
閉会15:30(予定)
展示終了16:00(予定)


場所

はまぎんホール ヴィアマーレ
〒220-8611 横浜市西区みなとみらい3-1-1
TEL:045-225-2173

【JR線】桜木町駅下車 動く歩道利用で5分
【横浜市営地下鉄線】桜木町駅下車 動く歩道利用で5分
【東急みなとみらい線】みなとみらい駅下車 クイーンズスクエア通路口、けやき通り口から徒歩7分

※駐車場のご用意ができませんので、ご来場の際には、公共の交通機関等をご利用くださるよう、お願い申し上げます。

内容

臓器提供・移植を考える神奈川の会では年に1回、市民を対象に、移植医療についての正しい知識と普及啓発を目的に公開講座を開催しています。今年度は「糖尿病と腎臓病」というテーマで、糖尿病とその合併症の腎臓病に関する話から、腎臓の移植や臓器提供に関する内容について幅広い内容となっています。多くのみなさまに関心を持っていただき、臓器提供・移植について考えるきっかけとなるような市民公開講座です。

※参加費無料ですが先着500名様まで)

内容

○司会 藤田 優一氏

○第1部 基調講演 12:40~

「神奈川県の現状と不足する臓器提供」

佐々木 秀郎先生(聖マリアンナ医科大学 腎泌尿器外科 講師)

○第2部 特別講演 13:10~

「糖尿病と合併症~透析にならないためには」

守屋 達美先生(北里大学健康管理センター センター長)

○第3部 シンポジウム 14:20~

1.「腎不全の治療(透析)」

丸井 祐二先生(虎の門病院分院腎センター 外科 医長)

2.「腎不全の治療(腎移植)」

石井 大輔先生(北里大学泌尿器科 講師)


展示コーナー

好評につき今年も開催いたします。移植を受けられた皆さんの作品展示のほか、血圧測定コーナーも企画中です。

【主催】

臓器提供・移植を考える神奈川の会

代表世話人 平元 周(横浜総合病院 院長)、力石 辰也(聖マリアンナ医科大学 腎泌尿器外科 教授)

【共催】:神奈川県


お問い合わせ事務局

聖マリアンナ医科大学移植医療支援室/腎泌尿器外科医局
TEL 044-977-8111(代表) 

 





第98回移植セミナー【新潟県】

日時

平成26年11月30日(日)13:30-15:30(開場13:00)


場所

新潟市総合福祉会館 406号室
〒950-0909 新潟市中央区八千代1-3-1 TEL: 025-248-7161 

内容


日本移植者協議会は、全国で活動する移植者で組織された患者団体です。
臓器移植の普及啓発、臓器移植者・移植を希望されている方への情報提供等に取り組んでいます。その一環として移植医療に携わる第一線の先生方からご協力、ノバルティスファーマ株式会社、中外製薬株式会社の協賛を得て、移植セミナーを開催しております。
その内容は大変分かり易く、参加された方から好評を得ております。関心のある方ならどなたでもお気軽にご参加いただけます。
今回は、生活の中心である食生活について、新潟大学医歯学総合病院の村山稔子先生にお話いただきます。皆様のご参加をお待ちしております。

参加費:無料(どなたでも参加いただけます)


***プログラム***    
13:30~13:35 

開会挨拶 NPO日本移植者協議会理事 石田 芳英氏

13:35~14:45 
講演【CKD(慢性腎臓病)の食事管理について】
講師  管理栄養士 村山 稔子先生 
新潟大学医歯学総合病院 栄養管理部栄養管理室長
14:45~15:00

休憩

15:00~15:25
質問コーナー
15:25
閉会挨拶

新潟腎移植の会 会長 佐藤 俊雄氏


主催:特定非営利活動法人日本移植者協議会
共催:新潟移植の会 
後援:社団法人 全国腎臓病協議会
協賛:ノバルティスファーマ株式会社 中外製薬株式会社  


臓器移植フォーラム2014in新潟~「命 Relay for you -臓器移植はあなたの意思をつなぎます-」~【新潟県】

日時

平成26年10月19日(日)番組公開録音 13:30~


場所

万代シティーパーク
〒950-0088 新潟市中央区万代1-6-1

内容


臓器不全の根治療法である臓器移植を推進するためには、臓器移植についてひとりでも多くの人に理解していただくことが必要です。
このフォーラムでは、できるだけ多くの人から、臓器提供意思表示カード等により臓器提供にかかる意思表示がなされるよう、臓器移植についての理解を深めてもらい、臓器移植の推進が図られることを目的とします。


内容

FMNIGATA 77.5
「ヤン&アッキーのど~なの?臓器移植 シーズン7」

番組公開録音

楽しくわかりやすい臓器移植についての番組公開録音


ゲスト:(公財)新潟県臓器移植推進財団 理事長 髙橋 公太氏(新潟大学名誉教授)


入場料無料 どなたでもご参加いただけます。


主催
新潟県、公益財団法人新潟県臓器移植推進財団、新潟県腎臓病患者友の会


後援

新潟県教育委員会、新潟市、五泉市、阿賀町、新潟県市長会、新潟県町村会、新潟県医師会、新潟市医師会、五泉市東蒲原郡医師会、新潟県歯科医師会、新潟市歯科医師会、五泉市阿賀町歯科医師会、新潟県病院協会、新潟県薬剤師会、新潟県透析医会、新潟県看護協会、日本臓器移植ネットワーク、全国腎臓病協議会、移植医療を進めるいのちリレーの会、新潟移植者の会、新潟県ライオンズ・アイバンク協議会、NHK新潟放送局、BSN新潟放送、NST、TeNYテレビ新潟、UX新潟テレビ21、エフエムラジオ新潟、FM PORT79.0、新潟日報社、朝日新聞新潟総局、毎日新聞新潟支局、読売新聞新潟支局、産経新聞新潟支局、日本経済新聞社新潟支局


お問い合せ先

新潟県臓器移植推進財団025-283-4880(FAXも同じ)
新潟県腎臓病患者友の会025-280-7441(FAXも同じ)
新潟県福祉保健部健康対策課難病等対策係025-280-5202(FAX025-285-8757)







アスレジーナ VS ルクレMYFC【静岡県】



日時

平成26年10月5日(日)10:00~


場所

藤枝MYFCサッカー場~いちまるスポーツヴィラ~
(〒425-0051 静岡県焼津市田尻北1122-1)

内容

静岡県藤枝市民グラウンドを本拠地とする女子サッカーチーム「アスレジーナ」は、公式ユニフォームにグリーンリボンを入れて、移植医療の普及啓発を行なっています。

10月5日にルクレMYFCとの試合が行われます。

お近くの方は、ご家族や友人とぜひ観戦を。

会場・時間は変更されることがありますので、

詳細はアスレジーナHP(http://asregina.com/)にてご確認ください。


 

TOPへ戻る